ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 子育て・教育 > 小・中・特別支援学校 > 教育委員会の取組み > スクールソーシャルワーカー活用事業について
ページ本文

スクールソーシャルワーカー活用事業について

更新日 : 2022年4月8日
ページ番号:000162968

目的

 いじめ、不登校、児童虐待、ヤングケアラーといった児童生徒の課題の背景にある家庭や環境に働き掛け、学校・園やその枠を越えた関係機関との連携を強化することにより、課題解決を図ることが目的です。
 スクールソーシャルワーカーは、「福祉の専門家」として、児童生徒の課題解決を図るためのコーディーネーター的な役割を果たします。

業務内容

スクールソーシャルワーカーは主に以下の業務を行っています。

  • 児童生徒や保護者との面談(家庭訪問等)
  • 関係機関等とのネットワークの構築、連絡・調整
  • ケース会議、校・園内会議への参加
  • 校・園内におけるチーム体制の構築、支援
  • 教職員等への研修活動

在籍するスクールソーシャルワーカーの声

・子どもや保護者の方の笑顔につながるお手伝いができたとき、とてもうれしく思います。
・学校の先生方とチームとなって子どもの支援を行えることに、やりがいを感じています。

活用の仕方

スクールソーシャルワーカーへの相談を申し込む場合は、各学校長へご相談ください。

このページの作成者

教育委員会学校教育部生徒指導課
〒803-8510 北九州市小倉北区大手町1番1号
電話:093-582-2369 FAX:093-581-5873

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。