ページトップ
印刷用ページ
現在位置:トップページ > 門司区 > 門司区の概要 > 門司区長の部屋 > 「第36回 ミニ・ミニ・トライアスロン大会」が開催されました  令和4年8月21日

「第36回 ミニ・ミニ・トライアスロン大会」が開催されました  令和4年8月21日

更新日 : 2022年11月7日
ページ番号:000164596

8月20日の関門よさこい大会の演舞審査員に続いて、21日には「第36回 ミニ・ミニ・トライアスロン大会」が開催され、私は競技開始のスターターを任されました。

区長あいさつ
スターター
位置について用意、スタート!

 ミニ・ミニ・トライアスロン大会について

 この「ミニ・ミニ・トライアスロン大会」は、和布刈塩水プールを泳いで【SWIM】、プールから太刀浦埋立地までマラソンして【RUN】、太刀浦埋立地の倉庫周りを自転車で回周する【BIKE】、という競技内容です。

大会は、経験度や練習量などによって、3つのグループに分けて競技を行います。

【Aグループ】(鉄人コース) 水泳300メートル、マラソン5キロ、自転車1キロの3種目全てを1人で競技する。

【Bグループ】(強人コース) 水泳300メートル、マラソン5キロ、自転車、0.8キロ、を1種目1人ずつの合計3人で競技する。

【Cグループ】(運動不足の人コース) 水泳300メートル、マラソン5キロ、自転車1キロ、を1種目2人ずつの合計6人で競技する。
 

 トライアスロンと言えば、鉄人や強人などのイメージが強くて、参加するにはハードルが高いと思われますが、このミニ・ミニ・トライアスロン大会は、運動不足の人コースもあって、気軽に競技に参加して大会を楽しむこともできます。(あくまで競技なので十分練習しておくことは必要ですが。)

 今年は市役所、門司区役所の職員たちもCグループで出場していましたが、見るからに楽しそうに競技している様子でした。

大会垂れ幕

歴史あるスポーツイベント

「ミニ・ミニ・トライアスロン大会」は、昭和61年の第1回開催以降、毎年継続しており、今年で36回目を数える門司区の特色ある夏のスポーツイベントです。

主催団体の愛港会(事務局:門司港運株式会社)と、警備を担当する港運会社のボランティアスタッフのご尽力によって、これまで36回と長く続けることができたイベントです。来年以降もこうした楽しい大会が毎年開催されていくことを願います。
体を動かすことが好きな方や興味ある方は、ぜひ来年エントリーしてみてチャレンジしてみてはいかがですか。

ミニミニトライアスロン風景
今回大会の様子(報告書から抜粋)

このページの作成者

門司区役所総務企画課
〒801-8510 北九州市門司区清滝一丁目1番1号
電話:093-331-0039 FAX:093-331-1805

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。