ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 健康・医療・衛生 > 感染症 > 結核 > 結核対策の推進
ページ本文

結核対策の推進

更新日 : 2021年9月30日

 本市の結核の動向は、この20年間で、新登録患者数は約40%まで減少し、罹患率や有病率の減少速度はここ数年鈍化していたところです。

 日本では2008年7月「ストップ結核ジャパンアクションプラン」を発表、中長期的な目標として、近年の日本の罹患率の低下速度(年7%)を年7.5%へ引き上げ、2025年までに罹患率を人口10万人対7とすることを目指しています。

 本市では、結核検診を受ける機会のない40歳以上の方を対象に無料で検診を市民センター等で行っています。詳しくは下記リンクより確認ください。早期発見・早期治療によって、家族や社会への感染を防ぐことができます。特に、80歳以上の結核患者が多いため、自覚症状がなくても年に1回定期的に結核検診を受診しましょう。今後もより一層の結核対策に取り組んでまいります。

結核・肺がん検診の詳しい日時・場所について

定期外健康診断の実施状況(令和元年度:人)

区分 総数 定期 定期外
事業者 学校長 施設長 市町村長 患者家族 その他
BCG接種者数 6,821 6,821
間接撮影者数 22,862 10,451 11,959 452  ─
直接撮影者数 44,333 24,785 6,896 3,083 9,443 15 111
かくたん検査者数 80 11 4 0 65 0 0
被発見者数 結核患者 7 3 0 0 1 2 1
結核発病のおそれのある者 8 0 1 0 3 4

結核罹患率の推移(人口10 万対)

  平成27年 平成28年 平成29年 平成30年 令和元年
北九州市 18.9 18.1 21.6 14.4 14.6
全国 14.4 13.9 13.3 12.3 11.5

本市の結核新登録患者数・年末現在登録患者数の推移(人)

  平成27年 平成28年 平成29年 平成30年 令和元年
結核新登録患者数 182 173 205 136 137
年末現在登録患者数 424 394 391 351 319

こうした状況を踏まえ、結核の予防や適正な医療の普及のため、さまざまな事業を実施しています。
保健所では、結核患者の発生届、医療費公費負担申請の受理から患者登録、入院患者の訪問調査、接触者健診、回復者への管理検診などを行っています。
また、結核患者の治療状況把握のための定期病状調査を行っています。

その他の結核対策

  1. 結核発生動向調査
    結核患者の発生届、医療費公費負担申請資料等に基づき結核登録患者のデータベースを作成し、厚生労働省に報告しています。このデータをもとに、結核患者発生状況の把握や、患者管理に活用しています。
  2. 登録患者・患者管理
  3. 集団感染の予防(接触者検診)
  4. 結核医療費公費負担

   ・結核医療費公費負担の実施状況(感染症法)

(件)

  平成27年度 平成28年度 平成29年度 平成30年度 令和元年度
37条の2 2,287 2,552 2,569 2,254 1,912
37条 330 309 455 277 184
  1. 「結核予防週間キャンペーン」等での市民啓発など
    毎年9月「結核予防週間キャンペーン」によるポスター、チラシの配布により市民への結核に対する注意や市民検診受診を呼びかけています。
  2. 感染症研修会の実施
    感染症(結核を含む)に関する知識を深め、資質の向上を図るため、医療関係者等を対象とした研修会を開催しています。

このページの作成者

保健福祉局新型コロナウイルス感染症医療政策部感染症医療政策課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2430 FAX:093-582-4037
定期予防接種:093-582-2090

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。