ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 市政情報 > 広報・広聴 > 寄せられた市民のこえ > 環境・ごみ・リサイクル(寄せられた市民のこえ) > ごみ集積所のカラス対策について(寄せられた市民のこえ)
ページ本文

ごみ集積所のカラス対策について(寄せられた市民のこえ)

更新日 : 2021年9月1日
ページ番号:000160382

カラスが集積所のごみを食い荒らして困っているが、何とかならないか。

 防鳥ネットの端にブロックや竿等の重しを置くことや、生ごみが見えないようにさらにブルーシートを囲うことも効果的です。

 ブロックやブルーシートを購入される場合には、5,000円を上限に購入費の2分の1を補助する制度もありますのでご検討ください。

 また、長い目で見ると、市街地に生息するカラスを減らすため、餌となる生ごみや残飯を減らす、屋外のペットの餌は食べ終わったら速やかに片付ける、巣の材料となる木の枝やひも類、紙くずなどを放置しないなどにも取り組んでいただければと思います。

このページの作成者

広報室広聴課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2525 FAX:093-582-3117

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。