ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 市政情報 > 広報・広聴 > 寄せられた市民のこえ > 健康福祉・動物(寄せられた市民のこえ) > 犬の糞の放置について(寄せられた市民のこえ)
ページ本文

犬の糞の放置について(寄せられた市民のこえ)

更新日 : 2022年9月29日
ページ番号:000160199

家の出入り口の近くに犬の糞が放置されて困っている。どうしたらいいか教えてほしい。

 「北九州市動物の愛護及び管理に関する条例」(以下、「動物愛護条例」という)では、動物の飼い主は、その飼養する動物が人に迷惑を及ぼすことがないよう適正に飼養するように努めなければならないとしており、適正に飼養するために遵守しなければならない事項の一つとして、その飼養する動物が公共の用に供する場所を不潔にしないようにすることを義務づけています(動物愛護条例第8条第4号)。

 また、犬の飼い主は、飼い犬が公共の用に供する場所にふんをした場合は、当該ふんを速やかに回収しなければならないと義務付けてます(動物愛護条例第14条第1項)。

 犬のふんの放置については、「ふん害防止パネル」等の掲示も効果があると思われますので、一度動物愛護センターにお電話でご相談いただきますようよろしくお願いします。

担当

保健福祉局動物愛護センター
電話:093-581-1800 FAX:093-582-8852

受付年月

令和3年3月

注意事項

本ページに掲載している内容は、原則、回答を行った時点のものであり、現在の内容と異なる場合があります。

このページの作成者

広報室広聴課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2525 FAX:093-582-3117

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。