ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 市政情報 > 広報・広聴 > 寄せられた市民のこえ > 道路・河川・公園・霊園・港湾(寄せられた市民のこえ) > 無人航空機(ドローン)による撮影について(寄せられた市民のこえ)
ページ本文

無人航空機(ドローン)による撮影について(寄せられた市民のこえ)

更新日 : 2021年4月2日
ページ番号:000156038

 北九州市内の公園や公共施設をドローンで撮影して記録したいと思っているが、どうか。

 無人航空機(ドローン)は、様々な分野で応用が期待されている技術であり、今後発展が見込める新産業分野として研究が進められています。

 一方で、ドローンの飛行中、突風等によりコントロールが失われ、操縦者の意図せぬ方向に飛んだり墜落したりすることも予想されます。

 そのため、都市公園内で、ドローンを飛行させる許可については、公園の場所や広さ、ドローンの飛行内容や目的などに加え、操縦者の能力、機体の安全性、特に他の公園利用者の安全確保のための必要な体制などを総合的に判断して行うことになります。

 現在のところ、本市では、ドローン飛行中の予期せぬ事態が、他の公園利用者に危険を感じさせることや、ドローンを安全に飛行させるためには、公園内の広い空間が必要となり、他の公園利用者の使用を制限することになるため、私的な利用についてはご遠慮いただいており、公共・公益目的での空撮以外は、許可していないのが現状です。

このページの作成者

広報室広聴課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2525 FAX:093-582-3117

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。