ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 市政情報 > 広報・広聴 > 寄せられた市民のこえ > 環境・ごみ・リサイクル(寄せられた市民のこえ) > ゴミステーションのカラス対策について(寄せられた市民のこえ)
ページ本文

ゴミステーションのカラス対策について(寄せられた市民のこえ)

更新日 : 2021年4月2日
ページ番号:000156020

 春先から夏場にかけて、交差点付近のゴミステーションに10羽以上のカラスが群がっている。何とかできないか。

 ご連絡いただきましたステーションについて現場を確認したところ、排出されているごみ量に対して防鳥ネットが1枚しかないため十分にごみを覆いきれていないとのことが原因ではないかと思われます。

 そこで地元町内会に対し、市による防鳥ネットの無償配布をご案内し、必要なネットを配布する予定としています。

 カラスによるごみの散乱防止策としてはさまざまな方法がありますが、カラスは学習能力が高いといわれています。そのため防止策の効果の持続性などに課題があり、全国的にも苦慮しているのが実情です。

 本市としては、ごみとカラスを遮断する「防鳥ネット」が現在のところ有効と考えており、その普及を図っているところです。防鳥ネットの使用等、地域と協力してカラス被害への対応を講じて行きたいと考えております。

 なお、収集時間については、朝8時30分以前の収集は行っておりませんので変更はできかねます。何卒、ご理解の程お願いいたします。

このページの作成者

広報室広聴課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2525 FAX:093-582-3117

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。