ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 市政情報 > 広報・広聴 > 寄せられた市民のこえ > 子育て・子ども・青少年(寄せられた市民のこえ) > 不妊治療に対する支援について(寄せられた市民のこえ)
ページ本文

不妊治療に対する支援について(寄せられた市民のこえ)

更新日 : 2021年4月2日
ページ番号:000156008

 不妊治療には多額のお金がかかるので、助成制度はないのか。 

 本市では、国の制度に基づき、平成17年度から特に治療費が高額な体外受精や顕微授精(以下、「特定不妊治療」)について、治療費を助成する事業を実施しています。

 助成額など:1回の治療につき15万円(初回の治療に限り30万円)まで(一部治療については7万5千円まで)。年齢によって助成回数の制限あり、最大6回まで。男性不妊治療1回につき15万円まで助成。

所得制限 :730万円未満(夫婦の所得の合計)

 また、不妊に関する悩みや不安が少しでも和らぐよう、助産師や医師による不妊専門相談窓口を開設しておりますので、ご活用ください。

【不妊専門相談窓口の連絡先など】

1 助産師による相談

月から金曜日の9時から12時、13時から17時(祝日及び年末年始を除く)

電話:093-571-2305

2 専門医による相談(予約制)

毎月1回 予約は電話(093-571-2305)で受け付けております。

このページの作成者

広報室広聴課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2525 FAX:093-582-3117

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。