ページトップ

九工大・旧松本家住宅を中心とした魅力づくり

更新日 : 2022年6月28日
ページ番号:000157857

旧松本家住宅(西日本工業倶楽部)

 明治期に父・安川敬一郎とともに事業家として成功した松本健次郎が自宅兼迎賓館として建設したもので、国の重要文化財に指定されています。アール・ヌーボー様式の洋館と数寄屋造りの日本館からなり、洋館は、東京駅や日本銀行本店の設計で知られる建築家・辰野金吾によるものです。
 なお現所有者である西日本工業倶楽部が倶楽部会館として利用しており、一般公開されていません。

洋館の画像
洋館
日本館の画像
日本館
庭園の画像
庭園

旧松本家住宅遊歩道の整備(オープンガーデン)

オープンガーデニングコースの画像

 市内外からの来訪者に、旧松本家住宅のアール・ヌーヴォー様式の外観建築美を日常的に楽しんでいただくため、平成25年度に旧松本家住宅遊歩道(オープンガーデンコース)の整備を行い、平成26年5月にオープンしました。

 利用時間 10時から15時
 注)火曜日、お盆、年末年始は利用できません。
 そのほか西日本工業倶楽部の催事や天候により利用できない場合があります。
 担当:総務企画課企画係 093-871-2316

遊歩道の画像
遊歩道
遊歩道から見える旧松本家住宅の画像
遊歩道から見える旧松本家住宅

市道一枝25号線ほか歩道の整備

夜宮こもれびロード

 夜宮公園内を通る市道一枝25号線などの歩道を整備しました。その市道につける愛称を公募した結果、「夜宮こもれびRoad」に決まりました。
 平成27年11月25日に開催された森の館コンサート(秋)において、愛称披露を行い、翌年3月には愛称看板を設置しました。
 担当:総務企画課企画係 093-871-2316

旧安川邸について

旧安川邸和館の画像

 旧安川邸は、明治期に石炭関連企業を次々と創業し、官営八幡製鐵所の誘致に尽力するなど、工業都市北九州市の礎を築いた企業家安川敬一郎により、明治45年に建設され、以後三代にわたって安川家当主及び一族が居住した住宅です。
 平成28年から北九州市と株式会社安川電機と共同で「旧安川邸利活用事業」を実施し、建築物等を保全しながら、市民の憩いの場や市内外の観光客が訪れる新たな賑わい・観光拠点として活用しております。
 令和4年4月1日から下記のとおり一般公開を行います。

 開館時間 午前9時から午後5時まで
 休業日   火曜日(祝日の場合はその翌日)、12月29日から1月3日まで

 担当:建設局緑政課093-582-2466
     市ホームページ【旧安川邸について】
     

旧安川邸のイメージ図

このページの作成者

戸畑区役所総務企画課
〒804-8510 北九州市戸畑区千防一丁目1番1号
電話:093-881-0039 FAX:093-881-2204

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。