ページトップ

現在位置:トップページ > 市政情報 > 市長の部屋

ページ本文

市長の部屋へようこそ

こんにちは、北九州市長の北橋です。
ここでは、定例記者会見や出席した式典・行事等を紹介しています。
少しでも市政を身近に感じていただけたらと思います。

市民の皆さまへ

英国車いすラグビー連盟との友好協力関係に関する覚書締結式

 皆様、こんにちは。

 1点目は、北九州SDGs登録制度についてです。
 本市は、平成30年6月に「SDGs未来都市」に選定されました。
 今年度から第2期「北九州市SDGs未来都市計画」がスタートし、SDGs達成に向けた、より具体的な取り組みを進めているところです。
 SDGs達成のためには、「経済・社会・環境」の3つの側面に統合的に取り組むことが求められており、本市では、特に「経済」分野での取り組みを強化することが重要と考えます。SDGs未来都市計画でも、「地元企業がSDGsや脱炭素の視点を経営に取り入れることで、競争力を高め、地域活性化を促進させる。」としているところです。
 そこで、企業等の積極的な取り組みを「見える化」してSDGsの普及・実践につなげるため、「北九州SDGs登録制度」を開始しました。
 登録を申請する企業等が、SDGsで重点的に取り組む目標の設定や、地域貢献の取り組み等、要件を満たした場合、本市のホームページでのPRや、総合評価落札方式(工事)での加点などのインセンティブを市が付与します。
 この登録制度により、SDGsに取り組む企業を増やすことで、市内企業の競争力を強化し、本市のSDGsの達成につなげてまいりたいと思います。

 2点目は、英国車いすラグビー連盟(GBWR)との友好協力関係に関する覚書の締結についてです。
 本市は、平成31年に英国車いすラグビー連盟と事前キャンプに関する覚書を締結し、令和元年10月に事前キャンプでは、市民向けの公開練習や小学校訪問を行う等、これまで交流を深めてきました。
 新型コロナの影響により、令和2年以降の事前キャンプは残念ながら中止となりましたが、英国車いすラグビー連盟から今後も交流を継続したいとの意向を伺い、友好協力関係に関する覚書を締結することとなりました。  
 8月27日に実施した覚書締結式では、英国側から本市とGBWRをコラボレーションした素晴らしいイラストを贈っていただきました。
 その後、8月29日、英国車いすラグビーチームは、見事金メダルを獲得しました。おめでとうございます。
 当面は、オンラインでの交流が中心となりますが、公開練習などトップアスリートを見る機会を創出すること等で、共生社会の推進につながる活動を進めていきたいと思います。

 終わりに、新型コロナウイルスの感染拡大防止についてです。
 令和3年8月20日から、福岡県では緊急事態措置が実施されていますが、本市の新規感染者数は依然として高い水準で推移しています。8月18日及び9月1日には過去最多の229名となるなど、感染拡大状況が続いています。(9月7日では104名となっています。)
 病床使用率も5割を超える状態が継続し、医療のひっ迫具合は非常に厳しい状況であり、自宅療養者も増加しています。
 そうした中、ワクチン接種による効果も見え始めています。
 これまでの本市での流行状況を見ると、30代以下の若い方が増加した後、高齢者の感染が増加するという傾向にありましたが、今年4月以降は若い世代の感染が増加している中で、高齢者の感染は抑えられています。
 ワクチン接種が進み、一日も早く感染拡大が抑え込めるよう、本市も引き続き全力で取り組んでまいります。
 市民の皆様にはご不便・ご負担をおかけし、大変恐縮ですが、どうか今一度、基本的な感染防止対策を徹底し、これが最後の波となるよう、ご協力をお願いいたします。

北九州市長 北橋健治