ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 福祉・人権 > 生活保護 > 不正受給の状況
ページ本文

不正受給の状況

更新日 : 2021年12月15日
ページ番号:000026881

1 不正受給の件数と金額

年度 件数 不正受給額
平成28年 402 132,530,103円
平成29年 337 138,201,419円
平成30年 312 111,507,824円
令和元年 243 87,996,169円
令和2年 269 148,488,058円

2 不正の内容と件数

  平成28年 平成29年 平成30年 令和元年 令和2年
稼働収入 稼働収入の無申告 175 132 128 84 123
稼働収入の過少申告 48 49 32 38 22
小計 223 181 160 122 145
稼働収入以外
の収入
労災補償金等の無申告 2 4 1 2 2
任意保険金等の無申告 11 6 13 7 13
各種年金及び福祉各法に基づく給付の無申告 40 42 55 49 23
預貯金等の無申告 2 4 1 0 4
資産収入の無申告 7 5 1 4 2
交通事故に係る収入の無申告 19 15 9 5 12
その他 80 58 57 33 58
小計 161 134 137 100 114
扶助費の不正 住宅扶助 6 12 3 9 3
その他(移送費など) 7 8 7

8

4
小計 13 20 10 17 7
その他 重複受給 0 0 0 0 0
世帯員の増減・転居の無届 1 2 3 0 1
その他 4 0 2 4 2
小計 5 2 5 4 3

3 不正受給発見の契機

  平成28年 平成29年 平成30年 令和元0年 令和2年
 住民等からの通報・投書 28 20 19

7

15
 関係機関からの通報・照会 14 3 2 6 7
 監査及び検査の指摘 2 0 0 0 2
 課税状況調査 200 160 142 127 130
 福祉事務所の調査 145 140 133 91 101
 その他 13 14 16 12 14

4 刑事罰の状況

告訴・被害届を提出した年度 刑事罰の状況
平成28年  懲役2年 1件
平成29年  懲役2年6ヶ月(執行猶予4年) 1件
平成30年

 懲役2年6ヶ月(執行猶予3年)
 懲役2年(執行猶予3年)
 懲役1年6ヶ月
 懲役2年
 懲役2年(執行猶予3年)

1件
1件
1件
1件
1件
 

令和元年  懲役2年(執行猶予3年)
 懲役2年6ヶ月
1件
1件
令和2年  - 0件

5 生活保護適正化推進調査チームについて

 不正受給は、生活保護制度そのものに対する市民の信頼を損なうものであり、効果的な未然防止策を講じるとともに、早期発見に努める必要があります。
 また、不正受給を発見した場合は実態を十分把握したうえで、厳正に対応を行う必要があります。
 このため、本市では平成26年度から「生活保護適正化推進調査チーム」を設け、不正受給が疑われるケースの調査等を徹底し、生活保護適正化に努めています。

(お問い合わせ先)

 ・ 小倉北区役所保護第二課
    生活保護適正化推進調査チーム(門司、小倉北、小倉南エリア)
    電話:直通093-582-3412
 ・ 八幡西区役所保護第一課
    生活保護適正化推進調査チーム(若松、八幡東、八幡西、戸畑エリア)
    電話:代表093-642-1441(内線420)

(注)「生活保護適正化推進調査チーム」全般に関するお問い合わせについては、保健福祉局保護課(電話:直通093-582-2445)まで

このページの作成者

保健福祉局総務部保護課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2445 FAX:093-582-2095

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。