ページトップ

折尾神楽「夏越祭」

更新日 : 2021年6月8日

 (注)令和3年度の「折尾神楽『夏越祭』については、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、ご参加・ご来場の皆様の健康と安全を第一に考え、中止となりました。 

 折尾神楽は、かつて大阪で開催された万国博覧会で国際的な喝采を浴びた「石見神楽」にそのルーツを持っています。石見神楽の流れをくむこの神楽は、昭和45年に折尾神楽保存会が始めたもので、北九州各地の神社で奉納されています。演目に「鈴鹿山」「恵比寿」「大蛇退治」などがあり、華麗な衣装をまとって、小学生からお年寄りまで幅広い世代の住民が参加します。北九州の気質に合うように、テンポ早く激しく舞うことで、北九州の郷土芸能としてすっかり定着しました。

夏越際
「折尾神楽」の演武の様子

日時

令和3年度は中止

場所

折尾西公園(北九州市八幡西区折尾三丁目5番2号)

交通

JR折尾駅下車、徒歩5分

特徴

「折尾神楽」は山陰石見の「石見神楽」を基に創作されたもので、「夏越祭」は折尾の夏の風物詩として定着しています。地域住民によるバザー、餅まきも併せて行われます。

お問い合わせ

八幡西区役所総務企画課 (電話 093-642-1339)

このページの作成者

八幡西区役所総務企画課
〒806-8510 北九州市八幡西区黒崎三丁目15番3号 コムシティ5階
電話:093-642-1442 FAX:093-622-6463

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。