ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 安全・安心 > 消防・防災 > 暮らしの安全安心情報 > 火災を防ぐ > 台風10号が接近しています! 通電火災に注意してください!
ページ本文

台風10号が接近しています! 通電火災に注意してください!

更新日 : 2020年9月4日

通電火災とは?

 停電から復旧した再通電時は、電化製品や電気配線から火災が発生する危険があります。

 これを「通電火災」といいます。

台風第10号による停電から復旧した際は、通電火災に注意してください。

通電火災を防ぐためには

ブレーカーを落とすイラスト

停電した時は、次の点に気を付けてください。

(1)停電中は電化製品のスイッチを切るとともに、電源プラグをコンセントから抜く。

(2)停電中に自宅などを離れる時は、ブレーカーを落とす。

(3)再通電時には、十分に安全を確認してから電化製品を使用する。

(例えば)漏水などにより電化製品が破損していないか、配線やコードが損傷していないか、燃えやすい物が近くにないかなど。

(4)煙の発生などの異常を見つけた時は、直ちにブレーカーを落とし、消防機関に連絡する。再通電から長時間経過した後でも、火災になる場合があります。

(例えば)壁の中の配線が傷ついている、電化製品の中が故障しているなど。

動画による解説

消防庁のホームページでは、動画により詳しく解説しています。

下記の関連リンクからご覧になれます。

このページの作成者

消防局予防部予防課
〒803-8509 北九州市小倉北区大手町3番9号
電話:093-582-3836 FAX:093-592-6795

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。