ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 子育て・教育 > 小・中・特別支援学校 > 学校給食 > 中学校完全給食 > 中学校完全給食モデル事業の概要
ページ本文

中学校完全給食モデル事業の概要

更新日 : 2022年7月7日
ページ番号:000002108

モデル事業に至った経緯

 北九州市では、市の食育推進計画の策定に向けて、平成19年4月に有識者等で構成する「 北九州市食育推進会議」を設置しました。
 この会議の中で、中学校給食のあり方についても、食育の見地を踏まえ、意義や課題について幅広く議論を行ってきました。
 また、中学校給食を実施している他都市を実際に視察し、給食の運営状況やその効果、課題などについて調査するとともに、市民、保護者、教員、生徒に対するアンケート調査を行い、日頃の食生活の実態や中学校給食に関する意向の把握等に取り組んできました。
 こうした議論や調査を経て、「中学校給食の食育上の効果や実施上の課題について、実践的な検証を行う必要がある」との観点から、食育推進会議より早期のモデル実施の提案が出されました。
 市教育委員会では、この提案を受け、平成19年度3学期ないし平成20年度1学期から、計4校でモデル事業を実施することにしたものです。

モデル実施校と実施方式

学校名 実施期間 方式 概要
足立中学校(小倉北区)
熊西中学校(八幡西区)
平成19年度3学期
~平成20年度3学期
民間調理場方式
(弁当箱配送)
民間事業者の調理場で調理し、弁当箱で配送
早鞆中学校(門司区) 民間調理場方式
(食缶配送)
民間事業者の調理場で調理し、保温食缶で配送
二島中学校(若松区) 平成20年度1学期
~平成20年度3学期
親子方式 小学校の調理場で調理し、保温食缶で配送

親子方式の二島中学校について、給食調理を行う小学校は「鴨生田小学校(若松区)」

モデル事業給食費

 モデル事業では、全生徒への完全給食実施を原則としました。しかし、食物アレルギーにより給食を食べることができないなど、特別の事情により弁当持参が必要な場合は、家庭からの弁当と合わせて飲用する牛乳を提供するミルク給食を実施しました。

学校給食の区分 給食内容 給食費
完全給食 給食内容が主食(米飯・パン)、牛乳及び副食である給食 月額 4,500円
ミルク給食 給食内容が牛乳である給食 月額  700円

献立作成・食材調達

 小学校給食と同様に、モデル事業では、献立は市教育委員会で作成し、食材は財団法人北九州市学校給食協会を通して調達しました。

モデル事業 実施要領

 各モデル校の保護者に配布した実施要領です。
PDFファイルです。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

教育委員会学校支援部学校保健課
〒803-8510 北九州市小倉北区大手町1番1号
電話:093-582-2381 FAX:093-581-5920

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。