ページトップ
ページ本文

アナグマ(害獣)対策について(寄せられた市民のこえ)

更新日 : 2022年10月18日
ページ番号:000160384

 夜中などしばしば見掛けるようになり、花壇を掘り起こされたりして困っているが、どうすればいいのか。

 アナグマに対する基本的な対策は、庭の周りにトタン板等で侵入防止柵を設置することです。

 アナグマは、地面を掘ることが得意なので、柵の下部を30センチメートル程度まで地面に埋め込むことと、地上部は40センチメートル程度の高さであればアナグマが乗り越えるため防風ネット等で高さを補ってください。

 なお、イノシシによる被害も考えられますので、イノシシ対策としては、金網柵やネット等を使って被害地を囲む、砂利やコンクリートを塗って掘らせない、屋外のペットの餌は食べ終わったら入れ物ごと片づけることが効果的です。

 具体的なアドバイスや現地調査を希望される場合は、各区役所の総務企画課広報広聴係までご連絡ください。

担当

産業経済局鳥獣被害対策課

電話:093-582-2269

受付年月

令和3年5月

注意事項

本ページに掲載している内容は、原則、回答を行った時点のものであり、現在の内容と異なる場合があります。

このページの作成者

広報室広聴課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2525 FAX:093-582-3117

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。