ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 市政情報 > 広報・広聴 > 寄せられた市民のこえ > 災害・安全安心・消防救急(寄せられた市民のこえ) > 防災対策のシミュレーションについて(寄せられた市民のこえ)
ページ本文

防災対策のシミュレーションについて(寄せられた市民のこえ)

更新日 : 2021年6月22日
ページ番号:000159390

遠賀川や紫川などに関して、災害対策の前提となるシミュレーションは、どのような状況を想定しているのか。

 市内を流れる遠賀川や紫川、板櫃川などの主要河川については、平成28年度から令和元年度にかけて、国や福岡県が、想定される最大規模降雨(1000年に1回の確率規模以上)による洪水を最悪な条件下でシミュレーションして、浸水想定区域を公表しています。

 また、がけ崩れや地すべり、土石流などの土砂災害の危険がある区域についても、福岡県が市内全域を調査し、一定の条件を満たす区域を土砂災害警戒区域(イエローゾーン)、土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)に指定しています。

 これを受け、本市では、浸水想定区域に基づいた洪水ハザードマップや土砂災害の危険区域を示したハザードマップを作成し、その区域内の全世帯に配布しています。

 また、大雨による災害の恐れがある場合、対象区域の方々に対して、避難情報(避難準備・高齢者等避難開始や避難勧告など)を発令し、早めに避難行動を呼びかけています。

 これらの想定は、身の回りにある様々な危険を事前に確認し、いざという時に命を守る行動につなげていくためにあります。

 市では、梅雨前に配布する市政だより(6月1日号)で命を守る防災について特集を組むとともに、各区役所の防災担当窓口やホームページでも、ハザードマップなど関連する情報を提供しています。このような情報を活用いただき、早めの避難行動につなげていただければと考えています。

このページの作成者

広報室広聴課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2525 FAX:093-582-3117

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。