ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > ごみ・リサイクル・環境 > 環境首都を目指す取組 > NTTスマイルエナジー、エネット、北九州パワーと環境・SDGsに関する連携協定を締結しました。
ページ本文

NTTスマイルエナジー、エネット、北九州パワーと環境・SDGsに関する連携協定を締結しました。

更新日 : 2019年5月15日

北九州市、株式会社NTTスマイルエナジー、株式会社エネット、株式会社北九州パワーの4者は、令和元年5月29日に、環境・SDGsに関する連携協定を締結しました。

連携協定締結式の写真
環境・SDGsに関する連携協定締結式

連携内容

次の、4つの内容について連携します。

  1. 再生可能エネルギー等の導入拡大及びエネルギーマネジメントに関する事項
  2. 卒FIT電源の活用によるエネルギーの地産地消に関する事項
  3. 太陽光発電、電気自動車等を活用したグリーンモビリティの拡大
  4. 前各号に掲げる者のほか、双方が別途合意する事項

具体的な取組

連携の具体的な取組として、2つの先導的事業を実施します。

卒FIT太陽光発電活用事業

地域エネルギー会社「北九州パワー」に卒FIT太陽光発電を集約し、市内の市民センターや小学校等公共施設に低炭素な電気を供給します。

(注)卒FIT太陽光発電とは、固定買取価格制度(FIT制度)が終了した太陽光発電のこと

卒FIT太陽光発電活用事業の説明イラスト
卒FIT太陽光発電活用事業のイメージ図

太陽光発電と電気自動車を活用した災害対応自家消費実証事業

北九州エコタウンセンター(若松区向洋町)で太陽光発電と電気自動車を使ったエネルギーマネジメントの実証事業を行います。

太陽光発電と電気自動車を活用した災害対応自家消費実証事業の説明イラスト
太陽光発電と電気自動車を活用した災害対応自家消費実証事業のイメージ図

達成を図る主なSDGs

4者の連携により、

  • 新たな再生可能エネルギー電源「卒FIT太陽光発電」の活用
  • 再生可能エネルギーの地産地消
  • 地域におけるCO2排出量の削減
  • 太陽光発電と電気自動車を活用した自立電源による災害対応強化(停電時の電源機能として活用)
  • 再生可能エネルギー100%の電気自動車

を目標に事業を推進し、主にゴール7、ゴール9、ゴール13のSDGsの達成を目指します。

ゴール7イラスト
ゴール7
ゴール9イラスト
ゴール9
ゴール13イラスト
ゴール13

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

環境局環境国際経済部地域エネルギー推進課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2238 FAX:093-582-2196

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。