ページトップ
ページ本文

ボランティア入門

更新日 : 2019年3月20日
皆で手をつなぎ、輪を作っているイラスト
自発性
自分の意志をもっている男の子のイラスト
自分の意志で、自分からはじめましょう。
無償性
お金を得るための活動ではないことを表す女の子のイラスト
お金を得るための活動ではありません。
公共性
皆が笑顔で協力しあうイラスト
誰もが幸せに暮らしていけるように、協力しあう活動です。
先駆性
気付いた!発見した!男の子のイラスト
人がしていないことでも、気付いた人からはじめます。

Volunteer

 ボランティアを原語に従って直訳すると「自発的な行為をする人」となります。
 自分の意志で、みんなが住みよい社会となる活動で、自分の出来ることをする。
 それがボランティアです。
 さあ、はじめましょう。

ボランティアとは

ボランティアの基本的な考え方

自発性 自分の意志で、自分からはじめましょう
無償性 お金を得るための活動ではありません
公共性 誰もが幸せに暮らしていけるように、協力しあう活動です
先駆性 人がしていないことでも、気付いた人からはじめます

”新しい自分”を見つけよう

  • ボランティア活動の舞台は、学校や家などと違う、もうひとつの社会です。そこでいろいろなことに「気づき」、また「学び」とってください。
  • その中で、人に役立っている自分を感じたり、現実が少し変化するのが見えたり、同じ思いを共有する仲間と出会えたり・・・。いろんな魅力があるのがボランティア活動です。その中で“新しい自分”を発見するかもしれません。

いろいろな人の気持ちになって

  • そんなボランティア活動にも、最低限のルールはあります。それは無理をせず、相手の気持ちを尊重し、個人の秘密や約束は必ず守る・・・ということ。

自分の行動から社会が変わる

  • どんなボランティア活動も、何かを変えていきます。いちばん変わるのはあなた自身でしょう。活動を通して、新しい人間関係を作り、生きた知識を吸収し、さまざまな経験を積む・・・。
    そして、あなた自身が変われば、周囲の人々が変わり、さらには社会全体が変わることにつながっていくのです。
  • 今よりも生きやすく暮らしやすく、すべての人に開かれた社会にしていくことは、ひとりひとりのささやかな行動から始まります。ボランティアはその第一歩です。
  • さあ、あなたも”新しい自分”を発見することを楽しみに、今から動き出してみませんか?

どんなことができるでしょう

  1. 身近なことからはじめよう(地域について考えよう)
    家の近くや学校で、こうだったらいいと思うことは?
  2. 環境(自然)について、考えよう
    身近な環境保護とは・・・
  3. 家でも出来ること
    収集ボランティア(ベルマーク、アルミ缶、古切手等)
  4. 世界を知ろう
    家の近くや学校で、こうだったらいいと思うことは?
  5. 身近なことからはじめよう(地域について考えよう)
    体験をとおして・・・手話、車椅子体験、アイマスク体験
  6. 文化・教育
    体験をとおして・・・手話、車椅子体験、アイマスク体験
  7. 身近なことからはじめよう(地域について考えよう)
    伝統文化の継承、イベント開催。   他にもたくさん・・・

     

ボランティア活動をする ときの約束事

  • 約束と秘密は必ず守りましょう
  • 相手の立場にたって考えましょう
  • 家庭や学校の理解を得て、活動しましょう
  • 謙虚な気持ちで活動しましょう(してあげるという気持ちではいけません)

このページの作成者

子ども家庭局子育て支援部青少年課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2392 FAX:093-582-0070

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。