ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 市政情報 > 構想・計画 > 各種指針・計画 > 国家戦略特区 > 国家戦略特区の取組について > 国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業(特区民泊)について
ページ本文

国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業(特区民泊)について

 国家戦略特区の特例を活用することで、市長の認定を受ければ「旅館業法」は適用されず、国家戦略特別区域法第13条第1項に規定する「国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業(特区民泊)」の基準を満たすことで、古い民家等を宿泊施設として貸し出しが可能となります。 

【参考】国土交通省「国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業の用に供する施設の建築基準法における取扱いについて」(外部リンク)

本市の特区民泊

 本市の目指す特区民泊は、「都市と田舎が共存するまち」という本市の特長を強みとし、観光客に本市ならではの魅力を堪能してもらうとともに、観光・地域振興が図れるよう「自然体験」と「地域住民との交流」をテーマとした民泊を郊外で実施し、賑わいのあるまちづくりを推進します。

北九州市国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業(特区民泊)について

特区民泊動画紹介(北九州市動画チャンネル)

実施区域

 国土交通省通知「国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業の用に供する施設の建築基準法における取扱いについて(平成28年11月11日)」に基づき、 市街化調整区域、第1種、第2種低層住居専用地域において特区民泊を実施します。 

北九州市における外国人滞在施設経営事業実施地域(PDF形式:418KB)

(認定施設(1))『山の家 粋邑 HIRAODAI』

第1号認定施設『山の家 粋邑』
『山の家 粋邑』

 平成29年7月24日、小倉南区平尾台で、市街化調整区域における全国初の特区民泊の第1号となる事業を認定しました。

【公式】田舎体験宿泊 ビジネス民泊|STAY JAPAN(ステイジャパン)(外部リンク)

『山の家 粋邑』の様子
『山の家 粋邑』
『山の家 粋邑』の様子2
『山の家 粋邑』2

(認定施設(2))『ひがしやまの小別荘』

第1号認定施設『ひがしやまの小別荘』
『ひがしやまの小別荘』

 平成30年4月27日、八幡東区東山で、第2種低層住居専用地域における特区民泊の事業を認定しました。

『ひがしやまの小別荘』の様子
『ひがしやまの小別荘』
『ひがしやまの小別荘』の様子2
『ひがしやまの小別荘』2

 これまでの認定状況については、以下の認定施設一覧をご覧ください。

北九州市国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業の認定施設一覧

 

このページの作成者

企画調整局地方創生推進室
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2174 FAX:093-582-2176

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。