ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > ビジネス・産業・まちづくり > 農林業・水産業振興 > 農林業の振興 > ため池の浸水想定区域およびハザードマップを公表しています
ページ本文

ため池の浸水想定区域およびハザードマップを公表しています

更新日 : 2021年7月27日

 「浸水想定区域図」とは、頻発する豪雨や大規模地震等で、北九州市内の防災重点ため池が決壊した場合に想定される浸水範囲や深さを示したもので、福岡県が作成したものです。

 「ため池ハザードマップ」とは、上記の浸水想定区域に加えて避難所等を表示したもので、防災訓練に活用して地域住民の自主防災意識の向上を図ったり、ため池の防災対策や災害時の被害軽減に役立てるものです。
 本市では、貯水量が多く決壊した場合に大規模な被害が予想されるため池について、ハザードマップの作成を進めています。新たに作成したハザードマップは、浸水想定図に替えて順次公開していく予定です。

 これらはあくまでも想定であり、実際にため池が決壊した場合、浸水範囲や深さが異なる可能性もありますが、緊急時の迅速な状況把握や避難行動につなげる基礎的な情報として参考にしてください。

 「浸水想定区域図」についてはこちら

 「ハザードマップ」についてはこちら

このページの作成者

産業経済局農林水産部農林課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2078 FAX:093-582-1202

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。