ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 福祉・人権 > 介護 > 介護ロボット等導入実証事業 > 介護ロボットマスター育成講習について
ページ本文

介護ロボットマスター育成講習について

更新日 : 2020年6月10日

 介護職員の負担軽減等に役立つ介護ロボット等を導入するにあたり、その導入効果の最大化を図るためには、職場における介護ロボット等の活用を推進する役割を担う専門人材を配置することが重要となります。

 北九州市では、平成29年度から機器の特性や使用方法などを理解し、職場に適したロボットを選択・活用できる人材の育成を目的として、本市独自の「北九州市介護ロボットマスター育成講習」を実施しています。

講習概要

介護ロボットマスター育成講習概要図

 「介護ロボットマスター」については、介護業務を効率的かつ効果的に行うために職場における介護ロボット等の活用を推進する役割を担い、本市の実施する「介護ロボットマスター育成講習」を修了した方と定義しています。

 本講習は、内容に応じて初級・中級・上級の3段階に分かれており、それぞれのクラスごと(中級クラスはさらに分野ごと)にマスターの認証を行うこととしています。

修了者

 令和元年度までに延べ165名の方が修了し、介護ロボットマスターとして活躍されています。

介護ロボットマスター修了者1
平成29年度
介護ロボットマスター修了者2
平成30年度
介護ロボットマスター修了者3
令和元年度

平成29年度 実施報告

 初年度は2回実施し、計41名の方が修了しました。

第1回
日時 平成29年6月8日(木曜日)9時30分から16時30分
場所

社会福祉法人春秋会 特別養護老人ホーム好日苑大里の郷
(北九州市門司区大里戸ノ上4丁目1番40号)

対象者 平成29年度上期の北九州市実証施設職員等
内容
  1. 介護ロボットの導入目的の学習
     (産業医科大学 泉准教授 ほか)
  2. メーカーによる実機を使った操作演習
  3. グループワークによる作業手順書作成
使用機器
  • 屋内移動アシスト装置(移乗支援機器) 株式会社安川電機
  • Neos+Care(見守り支援機器)
     ノーリツプレシジョン株式会社
ファシリテーター 北九州市立介護実習・普及センター 所長 山本 憲昭氏
修了者 15名
第2回
日時 平成29年11月21日(火曜日)9時30分から16時30分
場所

ミクニワールドスタジアム 1階 記者会見室
(北九州市小倉北区浅野3丁目9番33号)

対象者 平成29年度下期の北九州市実証施設職員、
市内の特別養護老人ホーム職員等
内容
  1. 介護ロボットの導入目的の学習
     (産業医科大学 泉准教授 ほか)
  2. メーカーによる実機を使った操作演習
  3. グループワークによる作業手順書作成
使用機器
  • Hug(移乗支援機器) 株式会社FUJI
  • ラムロックmini(見守り支援機器)  株式会社ラムロック
ファシリテーター 北九州市立介護実習・普及センター 所長 山本 憲昭氏
修了者 26名
平成29年度介護ロボットマスター写真1
平成29年度介護ロボットマスター写真2
平成29年度介護ロボットマスター写真3

平成30年度 実施報告

 平成30年度から習得する内容のレベルに応じて講習を初級、中級、上級の3段階にクラス分けし、新たに専用テキストを作成するなど、より内容を充実させました。

 初級から上級まで延べ52名の方が修了しました。

初級
日時 平成30年9月29日(土曜日)10時から14時
場所

AIM3階311・312会議室(北九州市小倉北区浅野3丁目8番1号)

対象者 市内の特別養護老人ホームの職員
内容
  • 介護ロボットに関連する社会状況等
     ミライワークシステム合同会社 谷 直道氏
     北九州市保健福祉局先進的介護システム推進室
      次長 楢木野 裕
  • 介護ロボットの特性と活用方法
     福祉用具プラザ北九州
      作業療法士 櫻木 美穂子氏
  • 従来の介護方法と介護ロボット等を活用した業務
     訪問介護ステーション おたすけまん
      作業療法士 安武 哲宏氏
ファシリテーター ミライワークシステム合同会社 谷 直道氏
修了者 29名
中級 「移乗支援機器編」
日時 平成30年10月21日(土曜日)9時30分から14時30分
場所

総合保健福祉センター(アシスト21)6階視聴覚室・3階ADL室
(北九州市小倉北区馬借1丁目7番1号)

対象者 介護ロボットマスター育成講習 初級講習の修了者
内容
  1. 移乗介助機器とは
     公益財団法人 北九州産業学術推進機構(FAIS)
     国家戦略特区ライン(介護ロボット技術グループ)
      開発支援担当課長 宮松 利行氏
  2. 介助手順の標準化
     ミライワークシステム合同会社 谷 直道氏
  3. 移乗介助機器の使用方法
     株式会社安川電機 営業本部
      ヒューマトロニクス営業部 製品開発課
       潮田 貴之氏
     マッスル株式会社 ヘルスケア部
       部長 尾形 成美氏
  4. 介護ロボット等活用のためのマニュアル作成
     産業医科大学産業生態科学研究所 人間工学研究室
      准教授 泉 博之氏
使用機器
  • 移乗アシスト装置(移乗支援機器):株式会社安川電機
  • SASUKE(移乗支援機器):マッスル株式会社
ファシリテーター

ミライワークシステム合同会社 谷 直道氏
福岡国際医療福祉学院 理学療法科専任教員 吉村 美香氏
介護老人保健施設しらさぎ苑 理学療法士 秋山 大輔氏

修了者 13名
上級
日時 平成31年3月1日(金曜日)10時から12時
場所

総合保険福祉センター(アシスト21)6階視聴覚室
(北九州市小倉北区馬借1丁目7番1号)

対象者 介護ロボットマスター育成講習中級の修了者
内容
  1. 介護ロボット等の活用と今後の展望
     ミライワークシステム合同会社 谷 直道氏
  2. マネジメントとその具体的方法
     ミライワークシステム合同会社 谷 直道氏
  3. 介護ロボット等の導入事例
     特別養護老人ホーム 足原のぞみ苑
     特別養護老人ホーム 好日苑大里の郷
     特別養護老人ホーム サポートセンター門司
     特別養護老人ホーム 聖ヨゼフの園
     特別養護老人ホーム 杜の家
  4. 意見交換会
ファシリテーター ミライワークシステム合同会社 谷 直道氏
修了者 10名
平成30年度介護ロボットマスター写真1
平成30年度介護ロボットマスター写真2
平成30年度介護ロボットマスター写真3

令和元年度 実施報告

令和元年度介護ロボットマスター育成講習チラシ

 令和元年度は、厚生労働省「介護施設等における生産性向上に資するパイロット事業」の一環として実施しました。

 今回は講習開催に先立ち、市内の介護施設の管理者等を対象に「導入セミナー」を開催し、市の取組みや専門人材育成の必要性の発信と併せて講習のPRを行うことで、受講者数の確保に努めました。その結果、介護ロボット導入セミナーには76名が参加され、そのうち19名の方に介護ロボットマスター育成講習へ申込みいただきました。
 さらに講習テキストの改訂に併せて、各コースの修了者の呼称を「介護ロボットオペレーター」、「介護ロボットリーダー」、「介護ロボットマネージャー」と新たに定めることで、習得内容をわかりやすくするとともに、講習のイメージ向上を図りました。
 

介護ロボット導入セミナー「介護現場のイノベーションを考える」
日時 令和元年度10月21日(月曜日)14時から16時30分
場所 北九州国際会議場21会議室
定員:参加者 100名:76名
プログラム
  1. 開会挨拶
     北九州市保健福祉局先進的介護システム推進室 
      室長 清田 啓子
  2. 先進的介護の北九州モデルについて
     北九州市保健福祉局先進的介護システム推進室 
      次長 堀江 吏将
  3. 介護現場の見える化と働きやすい職場
     産業医科大学産業生態科学研究所 人間工学研究室 
      准教授 泉 博之氏
  4. 介護ロボット導入の費用と効果
     麻生教育サービス株式会社 医療福祉事業部 人材育成支援課
      係長 田口 幹生氏
  5. 介護人材確保対策の事例
     社会福祉法人 今山会  統括施設長 朝野 愛子氏
  6. 総括「介護現場のイノベーションについて」
     九州大学・山口大学     名誉教授 小川 全夫氏
初級(介護ロボットオペレーター育成)コース
日時 令和元年11月25日(月曜日)14時から17時
場所

北九州国際会議場 21会議室
(北九州市小倉北区浅野3丁目9番30号 2階)

対象者 介護現場に従事する全ての職員
カリキュラム
  1. 介護ロボットに関連する社会状況等
     北九州市先進的介護システム推進室 次長 堀江 吏将
  2. 介護ロボット等の特性と活用方法
     公益財団法人 北九州産業学術推進機構(FAIS)
     国家戦略特区ライン(介護ロボット技術グループ)
      主任 樽本 洋平氏
  3. 介護ロボット等の主な導入効果
     北九州市保健福祉局先進的介護システム推進室
      制度化担当係長 竹枝 健一郎
修了者 29名
中級(介護ロボットリーダー育成)コース 「見守り支援機器編」
日時 令和元年11月29日(金曜日)13時から17時
場所 北九州国際会議場 32会議室
(北九州市小倉北区浅野3丁目9番30号 3階)
対象者
  • 初級講習修了者(昨年度分を含む)
  • 介護ロボット導入セミナーを受講した介護主任・ユニットリーダークラスの職員
    (勤務年数が概ね3年以上)
使用機器 Neos+Care(見守り支援機器) ノーリツプレシジョン株式会社
カリキュラム
  1. 何のために介護ロボット等を導入するのか?
  2. 見守り業務の標準化
     福岡国際医療福祉学院 理学療法学科 専任教員 吉村 美香氏
  3. 見守り支援機器とは
     公益財団法人 北九州産業学術推進機構(FAIS)
     国家戦略特区ライン(介護ロボット技術グループ)
      主任 樽本 洋平氏
     ノーリツプレシジョン株式会社 事業推進部 新規事業課
      出立 祥一氏
  4. 介護ロボット等活用のためのマニュアル作成
     産業医科大学産業生態科学研究所 人間工学研究室
      准教授 泉 博之氏
     福岡国際医療福祉学院 理学療法学科 専任教員 吉村 美香氏
修了者 26名
上級(介護ロボットマネージャー育成)コース
日時 令和元年12月12日(木曜日)14時から16時30分
場所 北九州国際会議場 31会議室
(北九州市小倉北区浅野3丁目9番30号 3階)
対象者
  • 中級講習修了者(昨年度分を含む)
  • 介護ロボット導入セミナーを受講した施設長等の管理者クラスの職員
    (勤務年数が概ね5年以上)
カリキュラム
  1. 介護ロボット等の活用と今後の展望
     北九州市保健福祉局先進的介護システム推進室
      室長 清田 啓子
  2. 介護ロボット等を導入した介護ロボットマネージャーの声
     社会福祉法人 援助会 理事長
     特別養護老人ホーム 聖ヨゼフの園 施設長
      木戸 邦夫氏
  3. マネジメントとその具体的方法
     一般財団法人 日本予防医学協会
     独立行政法人 労働者健康安全機構
     福岡産業保健総合支援センター 産業保健相談員
      谷 直道氏
修了者 17名
令和元年度介護ロボット導入セミナー
令和元年度介護ロボットマスター写真1
令和元年度介護ロボットマスター写真2

テキスト(令和元年度版)

講習で使用した最新のテキストを下記に掲載しています。
 利用の際は「出典:北九州市」と注記いただきますようお願いいたします。

初級(介護ロボットオペレーター育成)コース 

 表紙・目次(PDF形式:237KB)

 1 介護ロボットに関連する社会状況等(PDF形式:1154KB)

 2 介護ロボット等の特性と活用方法(PDF形式:660KB)

 3 介護ロボット等導入の効果(PDF形式:1237KB)

中級(介護ロボットリーダー育成)コース:令和元年度は「見守り」分野を実施

 表紙・目次(PDF形式:237KB)

 1 何のために介護ロボット等を導入するのか?(PDF形式:623KB)

 2 見守り業務の標準化(PDF形式:314KB)

 3 見守り支援機器とは(PDF形式:515KB)

 4 介護ロボット等活用のためのマニュアル作成(PDF形式:461KB)

上級(介護ロボットマネージャー育成)コース

 表紙・目次(PDF形式:237KB)

 1 介護ロボット等の活用と今後の展望
    1-1(PDF形式:1170KB)
    1-2(PDF形式:1851KB)
    1-3、1-4(PDF形式:778KB)

 2 介護ロボット等を導入した介護ロボットマネージャーの声(PDF形式:240KB)

   (注)タイトルのみ(講師のパワーポイントで説明)

 3 マネジメントとその具体的方法(PDF形式:1145KB)

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

保健福祉局先進的介護システム推進室
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2712 FAX:093-582-2095

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。