ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 健康・医療・衛生 > 予防接種 > 子宮頸がん(ヒトパピローマウイルス感染症)ワクチンについて
ページ本文

子宮頸がん(ヒトパピローマウイルス感染症)ワクチンについて

更新日 : 2022年8月26日
ページ番号:000025103

子宮頸がん(ヒトパピローマウイルス感染症)ワクチンについて

 ヒトパピローマウイルス(HPV)は、性経験のある女性であれば50%以上が生涯で一度は感染するとされている一般的なウイルスです。子宮頸がんを始め、肛門がん、膣がんなどのがんや尖圭コンジローマ等多くの病気の発生に関わっています。特に、近年若い女性の子宮頸がん罹患が増えています。
 子宮頸がんワクチンは、子宮頸がんをおこしやすいタイプであるHPV16型と18型の感染を防ぐことができます。そのことにより、子宮頸がんの原因の50%から70%を防ぎます。
 市よりお送りする通知や厚生労働省のホームページ等を参考に、ワクチン接種の有効性及び安全性等について、十分理解していただいた上で接種してください。

・子宮頸がん(ヒトパピローマウイルス感染症)ワクチン接種の「積極的勧奨の差し控え」の終了について
 子宮頸がんワクチンについては、平成25年度から予防接種法による定期の予防接種となりましたが、接種後に、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な痛みが特異的に見られたことから、厚生労働省は、平成25年6月14日「ヒトパピローマウイルス感染症の定期接種の対応について」を通知し、子宮頸がんワクチンの接種の積極的な勧奨を差し控えることとしました。
 その後、国の「厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会」において、子宮頸がんワクチン接種の積極的勧奨の再開についての検討がなされ、厚生労働省は令和3年11月26日「ヒトパピローマウイルス感染症に係る定期接種の今後の対応について」を通知し、「積極的勧奨の差し控え」を終了することとしました。

接種対象者

小学校6年から高校1年相当の女性

接種について

接種費用は無料です。3回接種を行います。
接種完了までには6ヶ月程度の期間が必要ですので、余裕をもって接種してください。

対象となるワクチンの種類と一般的な接種スケジュールについて

サーバリックス®(2価)またはガーダシル®(4価)

・サーバリックス®の一般的な接種スケジュール
 1回目を接種後、
 2回目接種は、1回目から1か月後
 3回目接種は、1回目から6か月後

・ガーダシル®の一般的な接種スケジュール
 1回目を接種後、
 2回目接種は、1回目から2か月後
 3回目接種は、1回目から6か月後

標準的な接種スケジュール

接種場所

キャッチアップ接種(救済措置)について

 下記のページでご案内しております。

相談窓口

下記のとおり相談内容に応じて、相談窓口を設置しておりますので、ご利用ください。

(1)子宮頸がんワクチンを含む予防接種の基礎知識について

厚生労働省 感染症・予防接種相談窓口 
 電話番号:050-3818-2242
 受付日時:月曜日から金曜日 午前9時から午後5時(祝日、年末年始を除く)

(2)市内で子宮頸がんワクチン接種後に痛み、しびれ、脱力、不随意運動等の症状がある方の、医療、救済制度に関することについて

お問い合わせ先
お問合せ先 電話番号
感染症医療政策課 093-582-2090
門司区 093-331-1888
小倉北区 093-582-3440
小倉南区 093-951-4125
若松区 093-761-5327
八幡東区 093-671-6881
八幡西区 093-642-1444
戸畑区 093-871-2331

 受付日時:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後17時15分(祝日、年末年始を除く)

(3)学校生活に関することについて

北九州市教育委員会学校支援部学校保健課
 電話番号 093-582-2381
 受付日時:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後17時15分(祝日、年末年始を除く)

子宮頸がんワクチン接種後に生じた症状に係る協力医療機関について

県は、子宮頸がんワクチン接種後に生じた症状(主として痛み、しびれ、脱力など)について、適切な医療を提供するため、診療協力医療機関を選定しています。

ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に生じた症状の診療に係る協力医療機関について(外部リンク)

子宮頸がんワクチンを接種した後に気になる症状が出たときは、まずは接種した医療機関など、地域の医療機関に受診してください。

子宮頸がん検診について

 ワクチンの接種により100%子宮頸がんを予防できるわけではありませんので、早期発見のためには子宮頸がん検診の受診が必要です。

 北九州市では20歳以上の女性を対象に「子宮頸がん検診」を実施しています。ワクチンの接種の有無に関わらず、がんの早期発見・早期治療のために定期的な受診をお願いします。

 検診に関するお問い合わせは保健福祉局健康医療部健康推進課(093-582-2018)まで。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

保健福祉局新型コロナウイルス感染症医療政策部感染症医療政策課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2430 FAX:093-582-4037
定期予防接種:093-582-2090

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。