ページトップ
印刷用ページ

現在位置: 上下水道局トップページ > 上下水道局について > 施設情報 > 施設紹介 > 下水道施設の有効活用

ページ本文

下水道施設の有効活用

施設の有効利用

浄化センターやポンプ場は、都市内の貴重なオープンスペースです。浄化センターやポンプ場に豊富にある緑や水を使って、豊かな自然を体感・学習・研究のできる場として、また公園やスポーツ施設として利用できるように計画されています。ポンプ場では増設や改築の時に、下水道のPRができる施設や駐車場・駐輪場なども整備しています。
このように、下水道施設は街づくりに重要な役割を果たすことができます。

曽根浄化センター内の画像

曽根浄化センター内のエアレーションタンクの上部を利用してスポーツ施設の整備や公園にある滝の水に処理水を利用している。

メディアドーム地下の画像

平成10年秋にオープンしたメディアドームの地下を、下水道のポンプ場と合流式水道の改善を行う雨水滞水池として利用しています。

このページの作成者

上下水道局下水道部施設課
〒803-8510 北九州市小倉北区大手町1番1号
電話:093-582-2485 FAX:093-582-3114

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?  

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

  • 上下水道
    お客さまセンター

    093-582-3031

    (月曜から土曜日 8時30分から19時)
    水道利用開始・中止や名義変更、各種ご案内

     
  • 各種連絡先の
    ご案内

    水まわりのトラブルなど、各施設へのお問い合わせ

     
  • よくあるご質問

    お客さまから寄せられる代表的なご質問を集めました