ページトップ
ページ本文

助成金・貸付金制度

 新たに処理区域となった区域では「3年以内にくみ取り便所を水洗便所に改造しなければならない」(下水道法第11条の3)と義務づけられています。
 北九州市では、一人でも多くの皆さんに下水道を利用していただけるように、水洗化の普及対策として次のような制度を設けています。
(注) 「新設」の場合は適用できません。

水洗便所改造助成金

水洗便所改造助成金の表
区分 助成金額
貸付金を借りる場合 1世帯1設備に限り4千円
貸付金を借りない場合 1世帯1設備に限り2万円
  • 助成金の交付を受けることができる人は、水洗化改造(くみ取り便所を水洗便所に改造する)工事を行う人で、次の要件を満たす人
  • 一定の基準に該当する事業所等は除く

(1)家屋の所有者またはその同意を得た使用者であること
(2)下水道の供用開始の告示の日から3年以内に水洗化改造工事を行う人

水洗便所改造貸付金

工事区分 貸付金額 償還方法等
水洗便所改造貸付金の表
水洗便所改造工事  大便器1設備につき40万円以内 無利子隔月均等償還
24回払い
し尿浄化槽切替工事

大便器1基につき40万円以内
(浄化槽1基に接続する設備数によって加算有り)

宅地内排水設備工事 10万円以内
  • 貸付金を受けることができる人は、上表の工事を行う人で、次の要件を満たす人
  • 一定の基準に該当する事業所等は除く

(1)家屋の所有者またはその同意を得た使用者であること
(2)貸付金の償還能力のある人
(3)貸付金の返還につき確実な連帯保証人
  (市内居住者に限り、市県民税の非課税者は除く)を1名(特に必要がある場合は2名)たてられる人

共同排水設備等設置助成金

助成対象工事  助成金額
共同排水設備等設置助成金の表
2戸以上が共同で利用する排水設備工事 工事費の1/2に相当する額
幅1メートル程度以上の私道(2戸以上が通行に利用するものに限る)に行う設備工事 既設の管きょに接続する箇所から10メートルを超える部分にかかる工事費の1/2に相当する額

(注) 工事費とは、管理者または市が適当と認めた額をさします。

  • 助成金を受けることができる人は、下水道事業受益者負担金及び下水道使用料を滞納していない人
  • 一定の基準に該当する事業所等は除く

低地汚水ポンプ設備等設置助成金

区分 助成対象工事 助成金額
低地汚水ポンプ設備等設置助成金の表
1戸でポンプを利用する場合 ポンプ設備工事 工事費の1/2に相当する額
幅1メートル程度以上の私道(2戸以上が通行に利用するものに限る)に行う管きょ設備工事 既設の管きょに接続する箇所から10メートルを超える部分にかかる工事費の1/2に相当する額
共同でポンプを利用する場合 ポンプ設備工事 工事費の2/3に相当する額
管きょ設備工事 工事費の1/2に相当する額
(別に定めた基準に該当する場合は全額)

(注) 工事費とは、管理者または市が適当と認めた額をさします。 

  • 助成金を受けることができる人は、下水道事業受益者負担金及び下水道使用料を滞納していない人
  • 一定の基準に該当する事業所等は除く

このページの作成者

上下水道局総務経営部営業課
〒803-8510 北九州市小倉北区大手町1番1号
電話:093-582-3623 FAX:093-582-3600

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?  

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

  • 上下水道
    お客さまセンター

    093-582-3031

    (月曜から土曜日 8時30分から19時)
    水道利用開始・中止や名義変更、各種ご案内

     
  • 各種連絡先の
    ご案内

    水まわりのトラブルなど、各施設へのお問い合わせ

     
  • よくあるご質問

    お客さまから寄せられる代表的なご質問を集めました