ページトップ
印刷用ページ

現在位置: 上下水道局トップページ > よくあるご質問 > 給水装置について > 冬を迎えるにあたっての準備について教えてください。また、寒波となった際の凍結・漏水対策についても教えてください。

ページ本文

冬を迎えるにあたっての準備について教えてください。また、寒波となった際の凍結・漏水対策についても教えてください。

ページ番号:000138704

 水道管や水道メーターは寒さに弱く、氷点下になると、凍ったり破損したりすることがあります。
 次の凍結対策などを心がけましょう。

元栓のチェック

 元栓のチェック:まずは、水道の元栓(止水栓)の位置を確認しましょう。水道の元栓は水道メーターボックスの中にあります。時計回りに回すことで、水を止めることができます。

水道管の保温

  1. むきだしになっている水道管に保温チューブ等を巻きましょう。保温チューブはホームセンター等で購入することができます。
  2. 給湯器にも対策が必要です。詳しくはご使用のメーカーへお問い合わせください。
  3. 水道メーターは、砂や布を入れたビニール袋などで、保温しましょう。マンション等のパイプスペース内にある水道メーターも、保温対策が必要です。
左の写真は露出している水道管に、市販の保温チューブを巻いた様子です。右の写真は水道メーターの周りに砂袋を置き保温している様子です。

水のくみ置き

 氷点下となる予報が出たときは、凍結して水道が使用できなくなることを想定して、水のくみ置きをしておきましょう。また、水をこまめに出すことによって、凍結を防止することができます。

もし、凍結してしまったら

 水道管にタオルや布を被せてから蛇口を開け、蛇口の方からぬるま湯をゆっくりとまんべんなくかけてください。
※このとき、決して熱湯をかけないでください。水道管が破裂することがあります。

漏水の早期発見のために

 「普段どおり水道水を使っているのに、使用水量が増えた」「水道管から異常な音がする」というときは、漏水の可能性があります。次の方法で漏水の有無が確認できますので、漏水の早期発見にご協力ください。

  1. 家にあるすべての蛇口が閉まっていることを確認してください。
  2. 水道メーターのパイロットが回っていれば宅内で漏水している可能性があります。
  3. 水道の元栓を閉めて、上下水道局の指定給水装置工事事業者へ修繕について相談しましょう。どこに連絡すれば良いかわからない場合には、地元密着型水道修繕工事店一覧をご活用いただくか、最寄の工事事務所にお問い合わせください。

お問い合わせ先

 門司区・小倉北区・小倉南区にお住まいの方

  東部工事事務所(電話:093-932-5790)

 若松区・八幡東区・八幡西区・戸畑区・芦屋町・水巻町にお住まいの方

  西部工事事務所(電話:093-644-7820)

このページの作成者

上下水道局水道部配水管理課
〒803-8510 北九州市小倉北区大手町1番1号
電話:093-582-3066 FAX:093-583-3522

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?  

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

  • 上下水道
    お客さまセンター

    093-582-3031

    (月曜から土曜日 8時30分から19時)
    水道利用開始・中止や名義変更、各種ご案内

     
  • 各種連絡先の
    ご案内

    水まわりのトラブルなど、各施設へのお問い合わせ

     
  • よくあるご質問

    お客さまから寄せられる代表的なご質問を集めました