ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 安全・安心 > 消防・防災 > 暮らしの安全安心情報 > 火災が発生したら > 高齢者が犠牲となる火災が続いています!!
ページ本文

高齢者が犠牲となる火災が続いています!!

更新日 : 2021年11月24日

住宅火災で亡くなる方の7割以上が高齢者です!

高齢者が火災の被害に遭う割合は、7割を超えています。(本市過去10年間の統計)

このような中、今年に入り住宅火災で5人が犠牲となり、そのうち4人が高齢者という状況になっています。

火事になったらまず逃げて!!

高齢者・障害がある人は避難に時間がかかります。

そのため

(1)火事になったらまず逃げる!!避難を最優先としてください!

・服装や持ち物にこだわらず、一刻も早く安全な場所へ逃げる。

・一度避難したら絶対に戻らない。

・煙を吸わないように、濡れタオルなどで口を覆う。

・できるだけ姿勢を低くする。

・小さな火でも、無理をして消さない。

(2)火事を知らせる!

・安全な場所に避難したあとに、家族や近所に火事を知らせ、助けを求めましょう。

・安全な場所から119番通報しましょう。

高齢者に避難を促すチラシ、火事になったらまず逃げる

住宅用火災警報の設置は義務です

消防法により、全ての住宅への住宅火災用警報器の設置が義務となっています。

火事を早く見つけるために是非とも設置しましょう。

住宅用火災警報器が発報している画像

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

消防局予防部予防課
〒803-8509 北九州市小倉北区大手町3番9号
電話:093-582-3836 FAX:093-592-6795

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。