ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 子育て・教育 > 子育て > 認定こども園に関すること > 認定こども園における新型コロナウイルスへの対応について
ページ本文

認定こども園における新型コロナウイルスへの対応について

更新日 : 2022年3月7日
ページ番号:000154002

令和4年3月4日付 「家庭保育の協力依頼期間の終了について」(3月6日で終了)

令和4年3月6日(日曜日)をもって、福岡県に適用されている「まん延防止等重点措置」の期間が終了する見込みとなったため、1月22日(土曜日)から実施していた家庭保育への協力依頼及び家庭保育した日の保育料(3号認定)の日割り減免については、3月6日(日曜日)で終了させていただきます。

しかしながら、市内における最近の感染状況は、一時期に比べ落ち着きを見せているものの、感染者数は高止まりしており、予断を許さない状況です。

認定こども園をご利用する皆様には、これまでお願いしていますとおり、お子様はもちろん、保護者の皆様や、お子様の同居のご家族等が医療機関においてPCR検査や抗原検査を受検される場合には、必ず認定こども園にご一報いただくとともに、結果の判明までは、お子様の登園を控えていただくよう、お願いいたします。(スクリーニング検査(注1)を除く)

そうすることで、施設での感染拡大防止や、臨時休園を防ぐことにつながる場合もございます。保護者の皆様のご理解・ご協力をお願いいたします。
 

<参考> 

新型コロナウイルスは、発症日(無症状の場合はPCR検査や抗原検査の検体採取日)の2日前からが感染可能期間とされています。このため、その期間に登園している場合は、施設内での疫学調査(濃厚接触者等の調査)が行われ、休園が必要となる場合があります。

(注1)スクリーニング検査について 

 同居のご家族の勤務先等において、感染者が発生していない状況で、感染拡大防止を目的に行う「スクリーニング検査」としてPCR検査を受ける場合は、登園を控える必要はありません。

令和4年2月18日付 「家庭保育への協力依頼について」(1月22日から3月6日まで

現在のオミクロン株による感染状況については、依然として収束に向けた兆しが見えず、臨時休園となる保育所(園)等も日々確認されています。そのような中、保護者の皆さまには、これまでにも可能な範囲で家庭での保育にご協力いただいており、心から感謝申し上げます。

さて、福岡県に適用されている「まん延防止等重点措置」の期間が延長されることに伴い、1月21日付けでお知らせした、「家庭保育への協力依頼」についても、期間を延長いたします。

つきましては、認定こども園の運営については、保育所(園)と同様、感染防止策を徹底しつつ、原則、開園いたしますが、保護者の皆さまには、引き続き、「各ご家庭の可能な範囲」(例えば、保護者の方が休暇等でお休みが可能な日など)において、登園をお控えいただき、ご家庭での保育にご協力いただくよう、お願い申し上げます。

なお、「ご家庭の可能な範囲」とは、各ご家庭で判断する「任意の範囲」となります。1号認定こどもの保護者の方には、長期間の家庭保育により、保育が困難な家庭も想定されます。無理のない範囲での協力のお願いであることを申し添えます。

1 家庭保育の協力依頼期間 

変更前:令和4年1月22日(土曜日)から1か月程度

変更後:令和4年1月22日(土曜日)から3月6日(日曜日)まで

2 保育料について

協力依頼期間に登園しなかった場合の保育料(3号認定(注)3歳未満のクラス)については、日割り計算し減額いたします。

なお、3歳以上のお子さんの副食材料費については、各園で取り扱いが異なるため、各園に直接お問い合わせください。

令和3年9月28日付「緊急事態宣言の解除に伴う家庭保育の協力依頼及び家庭保育した日の保育料日割り減免の終了について」

令和3年9月30日(木曜日)をもって、福岡県における「新型インフルエンザ等対策特別措置法」に基づく緊急事態措置を実施すべき区域の指定は解除されることとなりました。

このため、8月26日(木曜日)から実施していた家庭保育への協力依頼、及び家庭保育した日の保育料(3号認定)の日割り減免については、9月30日(木曜日)限りで終了させていただきます。

しかしながら、市内における最近の感染状況は、第5波といわれる7月下旬から9月中旬までの一時期と比べ、大幅に改善してはおりますが、再び感染拡大が生じてもおかしくない、予断を許さない状況です。

保護者の皆様におかれましては、これまでにもお願いしているように、お子様はもちろん、保護者の皆様や、お子様の同居のご家族等がPCR検査を受検される場合には、必ず園にご一報いただくとともに、結果の判明までは、お子様の登園を控えていただくよう、お願いいたします。(スクリーニング検査(注)を除く)。そうすることで、認定こども園での感染拡大防止や、臨時休園を防ぐことにつながる場合もございます。保護者の皆様のご理解・ご協力をお願いいたします。

(参考)

新型コロナウイルスは、発症日(無症状の場合はPCR検査の検体採取日)の2日前からが感染可能期間とされています。このため、その期間に登園している場合は、認定こども園内での疫学調査(濃厚接触者等の調査)が行われ、休園が必要となります。

(注)スクリーニング検査について

 同居のご家族の勤務先において、感染者が発生していない状況で、感染拡大防止を目的に行う「スクリーニング検査」としてPCR検査を受ける場合は、登園を控える必要はありません。

令和3年9月10日付 「家庭保育への協力依頼について」(9月30日まで延長)

 本市では、新型コロナウイルスの感染状況に改善の兆しが見られず、9月12日までとされていた緊急事態宣言(緊急事態措置を実施すべき区域の指定)については、9月30日まで延長される運びとなりました。

 これにともない、8月25日付で施設を利用するご家庭にご協力をお願いした、家庭保育への協力のお願いについて、9月30日まで延長いたします。

 8月以降、子どもの感染が顕著となり、8月以降だけで、延べ15(いずれも9月10日現在)の私立幼稚園・認定こども園で臨時休園となりました。

 保護者の皆様におかれましては、引き続き、園における感染防止対策にお力添えをいただくとともに、各ご家庭の可能な範囲(任意)において、登園をご控えいただき、ご家庭での保育にご協力いただくようお願い申し上げます。

 

1 家庭保育の協力依頼期間

   令和3年8月26日(木曜日)から9月30日(木曜日)まで

2 保育料等について

   協力依頼期間に登園しなかった場合の保育料(3号認定)については、日割り計算し減額いたします。

   なお、3歳以上のお子さんの副食材料費については、各園で事情が異なるため、各園に直接お問合せください。

 (認定こども園)家庭保育への協力依頼の延長について(令和3年9月10日)(PDF形式:277KB)

令和3年1月13日付 「緊急事態宣言に伴う認定こども園の対応について」

令和3年1月13日(水曜日)に、福岡県が「新型インフルエンザ等対策特別措置法」に基づく緊急事態措置を実施すべき区域に指定されました。

指定を受けた地域の認定こども園の運営につきましては、内閣府通知(令和3年1月8日付)により、厚生労働省通知(令和3年1月7日付)における保育所の対応と同様、感染防止策を徹底しつつ、原則開園することとされています。

(注)幼稚園を含む学校は、文部科学省通知(令和3年1月8日付)において、地域一斉の臨時休業は避けて、一層の感染防止策を徹底しつつ、学校教育活動を継続することとされています。

各園では、下記国通知等を踏まえ、感染拡大の防止に取り組みながら、引き続き教育・保育の提供を行うようお願いいたします。

【内閣府通知】認定こども園における新型コロナウイルス感染症への対応について(令和3年1月8日付)(PDF形式:328KB)

【別添(1)】新型コロナウイルス感染症に対応した持続的な学校運営のためのガイドライン(抜粋)(PDF形式:284KB)

【別添(2)】小学校、中学校及び高等学校等における新型コロナウイルス感染症対策の徹底について(令和3年1月5日付文部科学省通知)(PDF形式:602KB)

【別添(3)】新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言を踏まえた小学校、中学校及び高等学校等における新型コロナウイルス感染症への対応に関する留意事項について(令和3年1月14日付文部科学省通知)(PDF形式:1615KB)

【別添(4)】緊急事態宣言が発出された地域における保育所等の対応について(令和3年1月7日付け厚生労働省事務連絡)(PDF形式:221KB)

令和2年6月22日付(一部更新) 「緊急事態宣言の解除に伴う保育所等の対応について」

このたび、5月14日付で、福岡県は5月31日の期限を待たずに「緊急事態宣言」が解除されました。保育所や認定こども園等の職員の皆様のご尽力で、保育規模の縮小が図られ、保育所等における新型コロナウイルス感染リスクの低減につながったものと思われます。まずは、心より感謝申し上げます。

宣言の解除を受け、保育所等における受け入れ対象家庭の制限を緩和することといたします。保育所、認定こども園(2・3号)では、5月18日(月曜日)から、満3歳未満児のお子さんの慣らし保育(半日保育)など段階的な再開を実施、また5月25日(月曜日)以降は、通常の受け入れを再開いたしますが、引き続き、できる方には家庭保育をお願いするなど、出席人数の低減にも取り組んでいきます。

上記のうち、市からの「保育所等における家庭保育のご協力のお願い」については、令和2年6月30日(火曜日)をもって終了といたします。(令和2年6月22日更新)

今後とも、保護者の皆様、施設関係者の方にはご理解・ご協力いただきますようお願いします。

なお、お子さんの家庭保育にご協力いただいた日の保育料は、令和2年4月8日から6月30日の期間まで、保育料を日割りで減額します。

認定こども園を利用される保護者の皆様へ(令和2年5月15日)

(市長メッセージ)緊急事態宣言の解除に伴うお礼及びお願い(令和2年5月15日)(PDF形式:72KB)

(子ども家庭局通知)緊急事態宣言の解除に伴う保育所等の対応について・保護者あて(令和2年5月15日)(PDF形式:209KB)

認定こども園を運営される皆様へ(令和2年5月15日)

(子ども家庭局通知)緊急事態宣言の解除に伴う保育所等の対応について・施設長あて(令和2年5月15日)(PDF形式:177KB)

令和2年5月5日付け 「緊急事態宣言の期間延長に伴う保育所等の利用について」

福岡県では、新型インフルエンザ等対策特別措置法第32条の規定に基づき、緊急事態宣言を5月31日(日曜日)まで延長します。これを受け、現在、市が、接触機会の低減を目指して、保育所や認定こども園、幼稚園(預かり保育)等で行っている受け入れ対象家庭の制限の要請を5月31日(日曜日)まで延長いたします。保護者の皆様及び各施設の皆様、引き続き、ご協力をお願いします。

(要請内容)

どの業種・家庭についても、可能な限り休暇を取得したり、親族等の協力を得たりして、延長・夜間等も含め施設の利用を控えてください。以下のとおり、お預かりする対象となる家庭を制限します。

1 両親ともに次の職種のいずれかに該当する家庭

  • 医療従事者
  • 社会の機能を維持するために就業を継続することが必要な者

2 ひとり親家庭などで保護者が仕事を休むことが困難な家庭((注)他の親族等にも依頼できない場合) に限り受け入れる。

(注)延長する期間内については、保育料の日割り減額、「小学校休業等対応助成金」などを継続します。

認定こども園を利用される保護者の皆様へ

(子ども家庭局)緊急事態宣言の期間延長に伴う保育所等の利用について(令和2年5月5日)(PDF形式:196KB)

認定こども園を運営される皆様へ

(子ども家庭局)緊急事態宣言の期間延長に伴う保育所等の利用について(令和2年5月5日)(PDF形式:199KB)

子どもや家庭内の悩みごと等に関する各種相談窓口

コロナウイルスの影響で不安やストレスを抱えている方へ各種相談窓口があります。一人で悩まず、まずご相談ください。

相談窓口一覧表(PDF形式:57KB)

令和2年4月30日付「医療従事者への支援のための緊急保育事業について」

医療従事者の子どもが通う保育所等が、臨時休園した場合など、これまで通っている保育所等に預けることが困難になった場合の「緊急保育事業」を5月2日から開始します。

【保育課】医療従事者への支援のための緊急保育事業

令和2年4月6日付「緊急事態宣言に伴う保育所等の利用について」

本市では、8割程度の接触機会の低減を目指し、保育所、認定こども園、幼稚園などに、受け入れ対象家庭の制限をさらに要請するとともに、事業者の皆様にも従業員の休業取得への配慮を強くお願いすることとします。

取り組みを進めるためには、利用者の方々、事業者の方々のご協力が欠かせません。これまで以上のご負担をおかけしますが、感染拡大防止の趣旨をご理解いただき、ご協力をよろしくお願いします。

お預かりする対象の家庭

どの業種・家庭についても、可能な限り、休暇を取得したり、親族等の協力を得たりするなど、延長・夜間等も含め施設の利用を控えてください。各施設の受け入れを登録児童数等の2割を目指すこととし、原則(1)、(2)のご家庭に限った受け入れとします。

(1)両親ともに次の職種のいずれかに該当する家庭

  • 医療従事者
  • 社会の機能を維持するために就業を継続することが必要な者

(2)ひとり親家庭などで保護者が仕事を休むことが困難な家庭(他の親族等も依頼できない場合に限り受け入れる)

(注)期間は、令和2年5月6日水曜日までとします。

認定こども園を利用される保護者の皆様へ

緊急事態宣言による保育所等の利用について(お願い)(令和2年4月16日)(PDF形式:221KB)

(市長メッセージ)新型コロナウイルス感染症の終息に向けた家庭での保育のお願い(PDF形式:78KB)

認定こども園を運営されている方へ

【子ども家庭局長通知】緊急事態宣言に伴う家庭での保育のお願いについて(再依頼)(令和2年4月16日)((PDF形式:117KB)

令和2年4月9日付 「緊急事態宣言に伴う家庭での保育のお願い」

緊急事態宣言を受けて、認定こども園における2号・3号認定部分につきましては、市の保育所の対応に準じるものとします。

認定こども園及び施設を利用する保護者の皆様におきましては、感染拡大防止のため、家庭での保育をお願いいたします。

緊急事態宣言に伴う家庭での保育のお願い(PDF形式:229KB)

認定こども園を利用される保護者の皆様へ

【子ども家庭局長通知】緊急事態宣言による認定こども園の利用について(お願い)(令和2年4月9日)(PDF形式:221KB)

認定こども園を運営されている方へ

【子ども家庭局通知】 緊急事態宣言に伴う家庭での保育のお願い(令和2年4月9日)(PDF形式:112KB)

なお、保育所等における新型コロナウイルス感染症への対応については、「保育」に関するページをご覧ください。

保育所等における新型コロナウイルスへの対応について

令和3年9月14日更新 「新型コロナウイルス感染症による休業等対応助成金について」

小学校休業等対応助成金・支援金制度が再開となります。

詳しくは、厚生労働省ホームページよりご確認ください。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

子ども家庭局幼稚園・こども園課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2550 FAX:093-582-0070

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。