ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > ビジネス・産業・まちづくり > 入札・契約 > その他募集・結果 > 紫川(豊後橋~貴船橋)河川改修計画検討業務に係る公募型プロポーザル審査結果について
ページ本文

紫川(豊後橋~貴船橋)河川改修計画検討業務に係る公募型プロポーザル審査結果について

更新日 : 2021年9月3日

 「紫川(豊後橋~貴船橋)河川改修計画検討業務」を委託する受託候補者を選定するため、公募型プロポーザル方式を実施し、審査の結果、下記のとおり受託候補者を特定しました。

審査結果

1 受託候補者の商号又は名称

  公益財団法人 リバーフロント研究所

2 提案者数

  4社

3 提案者の評価結果

  審査委員6名(100点×6名=600点満点)による採点結果

事業者名 点数
公益財団法人リバーフロント研究所 427点
A社 416.5点
B社 337点
C社 266点

審査委員会の委員の氏名及び職名

  • 松本 公行 (北九州市建設局 河川部長)
  • 真鍋 徹  (北九州市立自然史・歴史博物館 自然史課長)
  • 日比野 友亮(北九州市立自然史・歴史博物館 学芸員)
  • 蓑島 悠介 (北九州市立自然史・歴史博物館 学芸員)
  • 所 啓太  (北九州市建設局 河川整備課長)
  • 大貝 保志 (北九州市建設局 水環境課長)

審査委員会における主な意見(リバーフロント研究所を評価した主な意見)

・改修計画の考え方や親水空間の創出について、具体的に複数案提示され、分かりやすかった。

・現地の生物種の状況をよく理解し、生活史特性を踏まえた具体的な方策に関する提案があった。

・原案立案段階から専門家等の意見をフィードバックすることが提案されているなど、専門家の助言も重視した提案となっている。

・現場状況を確認し、柔軟に計画を反映させていく備え(提案)ができていた。

本市の主な特定理由

審査委員会の各委員の審査により、公益財団法人リバーフロント研究所の提案がより優れていると評価された。また、選定の基準となる合計評点が6割を超えている。

これらを踏まえ、上記事業者は本事業への理解度や的確性、実現性等、当事業の受託候補者としてふさわしいと判断し特定したもの。

このページの作成者

建設局河川部水環境課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2491 FAX:093-561-5758

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。