ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 健康・医療・衛生 > 予防接種 > 新型コロナウイルスワクチン接種 > 新型コロナワクチン接種における各種手続のご案内
ページ本文

新型コロナワクチン接種における各種手続のご案内

更新日 : 2022年6月14日
ページ番号:000159466
ワクチン接種に関する
ページ一覧について
新型コロナウイルスワクチン接種に関する総合案内ページ 
をご覧ください。

接種券の再発行や接種証明などの各種手続についてご案内します。

住所地外接種について

 新型コロナウイルスワクチンは、原則として住民票所在地の市町村において接種を行うこととしています。
 ただし、やむを得ない事情で住民票所在地以外に長期間滞在している場合(単身赴任者、遠隔地へ下宿中の学生等)は、接種を希望する市町村へ事前に届け出ることにより、接種を受けることが可能です。

接種の流れ

 住所地外接種の届出完了後、コールセンターまたは区役所相談窓口で予約を行い、会場で接種を行ってください。

届出(申請)方法

 届出の際には、住民票所在地で発行された接種券が必要です。

インターネットで行う方法

 コロナワクチンナビ(外部リンク:厚生労働省)で必要事項を入力し、届出を行ってください。届出完了後は「住所地外接種届出済証」が表示されますので、PDFをダウンロードするか、印刷またはスクリーンショットを取得してください。

郵送で行う方法

 「住所地外接種届(新型コロナウイルス感染症)」に必要事項を記載し、住民票所在地で発行された接種券の写しを同封の上、下記の郵送先へお送りください。
 申請から届出済証の発送まで、10日程度要します。なお、届出済証は居住地の住所に送付しますので、送付先が異なる場合は、必ず送付先住所をご記入ください。

区役所窓口で行う場合

 各区の相談窓口で、「住所地外接種届(新型コロナウイルス感染症)」に必要事項を記載し、住民票所在地で発行された接種券の写しとともに、窓口に直接提出してください。書類に不備等なければ、すぐに届出済証を発行できます。

予約方法

 本市に住民票がない方が住所地外接種を希望する場合は、予約専用サイトからご予約いただけませんので、コロナワクチンコールセンター(0120-489-199)または区役所相談窓口で予約を行ってください。
なお、予約時には接種券番号(10桁)と住民票所在地の自治体コード(6桁)が必要になります。どちらも接種券に記載がありますので、事前にご確認ください。

接種当日

 住民票所在地の市町村で発行された接種券・本人確認書類(運転免許証等)とともに、「住所地外接種届出済証」をお持ちいただき、接種会場で提示してください。

留意事項

 住所地外接種を希望する方で、下記に該当する場合は、本市への届出を省略することができます。

  • 入院・入所者
  • 通所による介護サービス事業所等で接種が行われる場合における当該サービスの利用者
  • 基礎疾患を持つ者がかかりつけ医の下で接種する場合
  • コミュニケーションに支援を要する外国人や障害者等がかかりつけ医の下で接種する場合
  • 副反応のリスクが高い等のため、体制の整った医療機関での接種を要する場合
  • 市町村外の医療機関から往診により在宅で接種を受ける場合
  • 災害による被害にあった者
  • 勾留又は留置されている者 、受刑者
  • 国または都道府県が設置する「大規模接種会場」、「武田モデルナ社ワクチン接種センター」または「アストラゼネカ社ワクチン接種センター」で接種を受ける場合(会場ごとの対象地域居住者に限る)
  • 職域接種を受ける場合
  • 船員が寄港地等で接種を受ける場合

 また、下記に該当する場合は、接種券の再発行の申請を行ってください。

  • 入院(入所)している医療機関(施設)で接種する
  • 接種券を破損した、紛失した など

接種券再発行について

 1ー3回目の接種券再発行申請については、「コロナワクチンナビ(1、2回目)、電子申請(3回目)」もしくは「接種券発行申請書(新型コロナウイルス感染症)」に必要事項を記載し、下記宛先までご郵送いただくか、区役所相談窓口に直接提出ください。

 なお、いずれの場合でも書類が担当部署に到着してから発送まで10日程度要します。(郵送の場合は、下記の宛先までお送りください)

 4回目の接種券再発行申請については、「電子申請」もしくは「接種券発行申請書(用紙は区役所相談窓口にあります)」に必要事項を記入し、区役所相談窓口に直接提出してください。いずれの場合でも書類が担当部署に到着してから発送まで10日程度要します(ただし、3回目接種日から5か月が経過されている方に限ります)。

*施設などに直接送る場合は、入所していることが分かる書類(入所証明書、入所時の契約書の写し)を同封してください。

  施設などに送る場合:

(注)入所証明書は参考様式です。施設の様式があれば、そちらをご使用ください。

 ただし、入所証明書にある内容が記載されていることが必要となります。

  1、2回目用接種券について

  接種券再発行(1回目・2回目用)の申請は接種券再発行申請(外部リンク:コロナワクチンナビ)からも行うことができます。お急ぎの場合はコロナワクチンナビから申請してください。

  3回目用接種券について

  追加接種(3回目接種)用の接種券発行申請は追加接種券再発行申請(電子申請)から申請してください。

  申請様式:1-3回目用申請書

  4回目用接種券について

 4回目の接種券につきましては、60歳以上もしくは18歳以上60歳未満で基礎疾患がある方が対象です。基礎疾患がある方で4回目接種を希望される場合は、申請が必要になります4回目ワクチン接種に関する内容を確認される場合、こちら(内部リンク)をクリックしてください。

 4回目接種用の接種券再発行申請は、4回目用接種券再発行申請(電子申請)もしくは下記QRから申請してください。

 *4回目用接種券申請書(用紙)が必要な方は、お手数ですが区役所相談窓口にお越しください。

 下記QR(4回目用電子申請)からアクセスしてください。

QRコード

本市へ転入された方の接種券について

 新型コロナワクチンを接種する際には、北九州市が発行した接種券が必要です。以前住んでいた市町村が発行した接種券は、使用することができません。
 転入後、1回目、2回目の接種を希望する方は、申請が必要となります。なお、3回目の接種券につきましては、基本的に申請は不要です。前市町村での接種履歴を確認して、接種可能時期に応じて接種券をお送りさせていただきます。

 ただし、ワクチン接種記録システムに接種記録が正しく登録されていない方や、短期間に複数回転居されている方などには、接種券がお届けできない場合があります。また、転入した日からお届けまでに、最大2か月を要する場合がありますのでお急ぎの方や接種可能時期を過ぎても接種券が届かない方は、下記の様式を使用し申請をお願いします。提出は郵送または区役所窓口でお願いします。

すでに以前住んでいた市町村が発行した接種券をお持ちの方について

(1)ワクチン未接種の場合

 本市が発行する接種券を使用し、旧市町村の接種券は使用しないでください。

(2)1回目を旧市町村で接種し、2・3回目を本市で接種する場合

 本市が発行する接種券の1回目分を破棄し、2回目分のみ使用してください(上記コロナワクチンナビから申請できます)。
 3回目接種券が必要な方は、上記(電子申請)から申請できます。旧市町村で3回接種を終えられた方は、この申請は不要です。

 なお、医療従事者の優先接種で2回目までを終えており、3回目の接種券が早急に必要な方は、上記のサイトからインターネットで申請できます。その際は、申請理由で「その他」を選択し、医療従事者である旨を記入してください。

 注)1回目または2回目の接種券が必要な方は、上記の様式を使用し、郵送または区役所窓口で申請してください。

  (3) 3回目を旧市町村で接種し、4回目を本市で接種する場合

 4回目の接種券につきましては、60歳以上もしくは18歳以上60歳未満で基礎疾患がある方が対象です。基礎疾患がある方で4回目接種を希望される場合は、申請が必要になります

 4回目ワクチン接種に関する内容を確認される場合、こちら(内部リンク)をクリックしてください。

 4回目接種券の自動発送の対象となる方(下記の1、2の両方を満たす方)

  1 満60歳以上の方

  2 ワクチン接種記録システム(VRS)で、旧市町村での3回目の接種記録が確認でき、かつ

   3回目接種後5か月を経過した方

 ただし、ワクチン接種記録システム(VRS)に接種記録が正しく登録されていない方や、短期間に複数回転居されている方などには、接種券がお届けできない場合があります。転入した日からお届けまでに、最大1か月を要する場合がありますのでお急ぎの方や接種可能時期を過ぎても接種券が届かない方は、電子申請(外部リンク)もしくは下記のQRから申請をお願いします。

QRコード

新型コロナウイルスワクチンの接種証明について

接種済証申請時の注意

1. 新型コロナウイルスワクチン予防接種済証(臨時)

 北九州市が発行する新型コロナウイルスワクチン予防接種済証(臨時)(以下、接種済証(臨時)とする)は接種券の右側に附属していますが、万が一、接種済証(臨時)を紛失した場合は再発行することができます。また、医療従事者の方など「新型コロナワクチン接種記録書」をお持ちの方についても、申請により接種済証(臨時)を発行いたします。
 
注)紛失時以外は発行しません。「臨時」とは、新型コロナワクチン接種が臨時接種というもので、接種済証が臨時というものではありません。接種事実の証明として使用できます。なお3回目接種券に付随する”新型コロナウイルスワクチン予防接種済証”は(臨時)ではなく(臨時接種)と表示されています。

 接種済証(臨時)が発行できる方は、接種当日に北九州市に住民票がある方のみが対象となります。

 なお、接種済証(臨時)に替えて、2次元コードが表示された接種証明書で発行することができます。
 2次元コード付きの接種証明書は以下のリンク先で申請してください。

  新型コロナウイルスワクチン接種証明 [予防接種証明書・予防接種済証(臨時)]について

2. 申請方法

(1)申請に必要な書類

必須の書類
  1. 申請書
  2. 本人確認書類
    (氏名・生年月日が記載)
  3. ワクチン接種記録書
    (注)医療従事者のみ(紛失時以外は必須)
代理人による場合 委任状(代理人の本人確認書類も必要)
その他
  1. 電子申請時は書類の撮影画像を添付する
  2. 電子申請は代理人申請ができません。窓口か郵送で申請してください
  3. 郵送申請時は書類の写しを同封する
注意事項
  1. マイナンバー通知カードは、本人確認書類として使用できません
  2. 返信用封筒は不要となります
  3. 委任状は、同一世帯員でも必要です。

(2) 申請書類(以下から取得して下さい)

 (注) 必要書類に不備等ある場合、申請者へ連絡します。 普段利用している電話番号を記載してください。

(3)申請方法

3. 注意事項

(1)接種済証(臨時)は、証明願を受理してから1週間程度で発送できる見込みです。ただし、接種記録等の確認に時間がかかる場合は、状況によっては2か月程度を要することもあります。

(2)接種済証(臨時)の即日交付はできませんので、期日に余裕をもって申請をしてください。

(3)接種済証(臨時)の発行手続きでは、申請者が1回目と2回目で北九州市以外の自治体の接種券を使って接種を受けた場合は、接種券を発行した各自治体へそれぞれ申請を行うこととなります。

4.海外渡航用の新型コロナウイルス感染症予防接種証明書について

 海外渡航にかかる、新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(2次元コード付き)の詳しい申請方法や必要書類は、新型コロナウイルスワクチン接種証明 [予防接種証明書・予防接種済証(臨時)]についてをご確認ください。

郵送先について

各種申請書類は以下の宛先までお送りください
送付先
〒802-0003 北九州市小倉北区米町2丁目2番1号 新小倉ビル4階
北九州市新型コロナウイルスワクチン接種オペレーションセンター 行

このページの作成者

保健福祉局新型コロナウイルス感染症医療政策部感染症医療政策課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
【新型コロナワクチン接種のお問い合わせ】
電話:0120-489-199(9時から17時)
AIチャット:お問い合わせチャットボット
Q&Aで探す:新型コロナワクチン接種Q&A
注)メールでのお問い合わせは、回答に時間を要します

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。