ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 健康・医療・衛生 > 感染症 > 新型コロナウイルス > かぜ症状がある時の受診の仕方が変わりました
ページ本文

かぜ症状がある時の受診の仕方が変わりました

更新日 : 2021年12月18日

 今年の冬は、新型コロナウイルス感染症と季節性インフルエンザが同時流行するおそれがあります。発熱等の症状は、どちらにも共通する症状で、検査をしないと原因がはっきりしません。

 このため、新型コロナウイルス感染症や季節性インフルエンザを同時に診療や検査をすることができる医療機関を受診する必要があります。

 福岡県では、発熱患者を診療できる医療機関を指定しています。 

発熱等の症状が出たら、かかりつけ医療機関にお電話してください

 まずは、かかりつけ医に電話でご相談ください。かかりつけ医のない方や、

 かかりつけ医から対応が難しいと言われた場合などは、

 次の項目のナビダイヤルにご相談ください。
 

かかりつけ医療機関がない場合

 かかりつけ医療機関がない場合やかかりつけ医療機関では診療ができない場合などは、新型コロナウイルスナビダイヤル相談ナビダイヤルにご相談ください。

 ナビダイヤルでは、発熱時に受診できる医療機関をご案内します。この場合も、必ず医療機関にご連絡のうえ、受診してください。

北九州市新型コロナウイルス相談ナビダイヤル、新型コロナウイルスの相談・問い合わせは、0570-093-567へご連絡ください。聴覚障害のある方はFAX093-522-8775へ。

受診の際の3つのお願い

  1. 事前に電話連絡し、医療機関の指示に従う
  2. マスクを着用する
  3. 出来る限り公共交通機関を使用しない

※緊急性のある場合は、迷わず119番で救急車を要請してください。

夜間・休日に発熱等の症状が出た場合

 夜間・休日の救急病院にかかる際もお電話の上、受診してください。ただし、新型コロナウイルス感染症が疑われる場合でも、より重症な患者に対応するため、救急病院では検査が受けられないことがあります。普段から日中のうちに受診することを心掛けてください。

相談ナビダイヤルでは、年末年始でも、受診できる医療機関をご案内します。ただし、緊急の場合は、迷わず救急車を要請してください。

※日中は、多くの医療機関で検査体制を整えています。適切な受診をお願いします。

※テレフォンセンター(522-9999)、小児救急医療電話相談(#8000または622-6700)で相談に応じます。

 

このページの作成者

保健福祉局新型コロナウイルス感染症医療政策部感染症医療政策課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2430 FAX:093-582-4037
定期予防接種:093-582-2090

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。