ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 健康・医療・衛生 > 感染症 > 新型コロナウイルス > 暮らし・生活に関する情報(新型コロナウイルス)
ページ本文

暮らし・生活に関する情報(新型コロナウイルス)

更新日 : 2021年10月29日

日常生活で気を付けること

感染を予防するためには、石けんによる手洗い、アルコールによる手指消毒、換気といった一般的な感染症対策や、十分な睡眠をとる等の健康管理を心がけてください。手洗いや手指消毒前の手で口・鼻に触れないようにすることや定期的に体温を測ることなども有効です。

また、外出時はマスクを着用する、家の中でも咳エチケットを心がけるなど、自分の感染予防はもちろんのこと、他人への感染を回避することも必要です。マスクはすき間なくフィットさせ、布製やウレタン製よりも予防効果の高い不織布マスクを着用しましょう

(注)障害や病気等でマスクを着用できない方もいます。詳細は「マスクをつけられませんステッカー」ページをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症は、3密(密閉・密集・密接)の環境で感染リスクが高まります。さらに、感染力の強い変異株では、1つの密でも感染する恐れがあります。感染を拡げないために、飲酒を伴う懇親会等、大人数や長時間に及ぶ飲食、マスクなしでの会話、狭い空間での共同生活、居場所の切り替わりといった場面にご注意ください。

  • ストップコロナプロジェクト2021 FUKUOKA・・・新型コロナウイルス感染症に対し、積極的に活動を展開している北九州市地域感染制御ティーム(KRICT)が、家庭内など様々な場面での感染対策を紹介しています。
    詳細は、「ストップコロナプロジェクト2021 FUKUOKA」をご覧ください。

【チラシ】感染症対策へのご協力をお願いします(PDF形式:673KB)

オリジナル手洗い歌「きたきゅう手洗いうた」(北九州市公式YouTubeチャンネル「北九ムービーチャンネル」)(外部リンク)

マスクの効果について 東京大学医科学研究所のデータを基に内閣官房作成(PDF形式:415KB)

ゼロ密を目指そう!~一つの密でも避けましょう~(PDF形式:861KB)

感染リスクが高まる「5つの場面」(PDF形式:813KB)

感染拡大を防止するため(5つの行動目標)

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため、5つの行動目標を定めました。

また厚生労働省が、日常生活の中で取り入れていただきたい「新しい生活様式」の実践例を発表しています。

これらを参考に、感染防止対策に取り組んでください。

北九州市 あなたとあなたの大切な人を守る、5つの行動目標

感染拡大を防ぐための「新しい生活様式」の実践例

子育て・保育・学校に関すること

人権への配慮を

新型コロナウイルス感染症は、誰もが感染する可能性があります。

感染者・濃厚接触者等に対して、感染に関する誤解や偏見に基づく差別を行うことは許されません。

また新型コロナウイルスワクチンについて、アレルギー等でワクチンを接種できない方もいます。ワクチン接種は本人の同意に基づいて行うものです。ワクチン接種に関する差別は許されません。

公的機関の提供する正確な情報を入手し、冷静な行動に努めて下さい。

啓発コンテンツについて

法務省や日本赤十字社は、感染に関する誤解や偏見の防止に向けたページを公開しています。

本市では、新型コロナウイルス感染症に関する人権への配慮について市長メッセージを公開しているほか、差別防止に向けてポスターやCM動画を作成しています。

いずれも下記リンク先において閲覧できますので、ご覧下さい。

人権に関する主な相談窓口

▼人権相談窓口(人権推進センター)
 093-562-5088 (平日8時30分から17時00分まで)
▼みんなの人権110番
 0570-003-110 (平日8時30分から17時15分まで)

児童虐待・DV等に関する相談について

 不要不急の外出自粛や学校の休校等による生活不安やストレスから、DV(配偶者や親族等から暴力)の増加や深刻化が懸念されています。

いじめ防止について

 新型コロナウイルス感染症について、ふざけて冗談で言った発言が相手を傷つけたり、いじめにつながったりする場合があります。誰もが安心して過ごせる学校をつくりましょう。

消費生活センターからのお願い

消費者として注意することや、新型コロナウイルスに便乗した悪質商法に関する情報は、以下のページをご確認ください。

新型コロナウイルス感染症の影響で生活に困っている方

生活困窮者自立支援の相談について(住居確保給付金を含む)

生活保護に関する相談

災害時の避難について

その他

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

新型コロナウイルス感染症対策室
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:0570-093-567 FAX:093-582-3689

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。