ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 市政情報 > 広報・広聴 > 寄せられた市民のこえ > 道路・河川・公園・霊園・港湾(寄せられた市民のこえ) > 太刀浦コンテナターミナルの荷役作業について(寄せられた市民のこえ)
ページ本文

太刀浦コンテナターミナルの荷役作業について(寄せられた市民のこえ)

更新日 : 2021年3月31日
ページ番号:000156055

 7月の事故以来、荷役作業の作業時間が大幅に伸びて、利用客から不満の声が上がっている。

 ご指摘の事故につきましては、作業効率を優先した結果、安全対策が不十分であったため起きたと考えられ、作業員の方がお亡くなりになるという痛ましい事故でした。事故を起こした会社では、労働基準監督署の指導のもと、安全確保を重視した事故の再発防止策を講じているところです。

 とはいえ、事故発生以来、他港の自然災害被災なども重なって、荷役に時間がかかっていることは事実であり、現在、ヤード内で荷役作業を行う事業者や県トラック協会コンテナ部会等の関係者と協議を行い、より効率的に貨物を取り扱うことができるよう、コンテナ荷役作業場の拡大やトラックシャーシの並び方の変更等、すでに対策に着手しているところです。

 港湾管理者である北九州市といたしましては、まずは安全を担保したうえで、効率的なターミナル運営を目指すこととしております、引き続きターミナルを利用する関係の皆様と問題解消に有効な解決策を検討・実施してまいりたいと考えていますので、ご理解、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

このページの作成者

広報室広聴課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2525 FAX:093-582-3117

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。