ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 市政情報 > 広報・広聴 > 寄せられた市民のこえ > 環境・ごみ・リサイクル(寄せられた市民のこえ) > 資源ごみの持ち去りについて(寄せられた市民のこえ)
ページ本文

資源ごみの持ち去りについて(寄せられた市民のこえ)

更新日 : 2021年4月2日
ページ番号:000156014

 マンションの前の集積場に置いてある資源ごみ(カン・ビン)を勝手に持ち去る人がいる。何とかしてほしい。

 ご指摘いただきました資源化物(アルミ缶)の持ち去りについては、市の収入の減少になることはもちろん、市民の皆様の分別意識を後退させてしまう要因となることや、ごみステーションのごみの散乱、騒音の発生などにより付近住民の方へのご迷惑となるものと考えております。

 今回ご指摘いただいた場所については、現場のパトロールを強化し、発見次第、注意や指導を行いたいと思います。

 なお、一般的にごみステーションに出された資源化物は、所有権が放棄された無主物(誰のものでもないもの)と解されており、これらを持ち去る行為を法的に規制することは現行法では困難な状況です。このため、資源化物の持ち去りを別途条例で禁止する自治体も最近は出てきています。しかし、本市では、現在のところ資源化物の持ち去りに関する苦情は少ないこともあって、まずは持ち去り状況や他都市の動向を見守りながら、条例化については、今後検討していきたいと考えています。

 今後も、不審、不快に思われるようなことがあれば、環境局業務課にご連絡いただきますようお願いいたします。

このページの作成者

広報室広聴課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2525 FAX:093-582-3117

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。