ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 市政情報 > 広報・広聴 > 寄せられた市民のこえ > 教育・学校・図書館(寄せられた市民のこえ) > 読書記帳機の機能拡充や増設について(寄せられた市民のこえ)
ページ本文

読書記帳機の機能拡充や増設について(寄せられた市民のこえ)

更新日 : 2022年9月29日
ページ番号:000155866

 図書を返却した後でも記帳できるようにしてほしいし、記帳機の設置場所も増やしてほしい。

 「返却後も借りた本の記帳ができるようにしてほしい」という御意見につきましては、読書通帳機は全ての市立図書館を結んだ、コンピューターシステムの中で、本の貸出記録と連動して運用しており、本の返却後は、個人情報保護の一環で貸出データそのものが消えるため、返却後の記帳はできないものとなっております。

 また、他の図書館にも読書通帳機を設置することにつきましては、大変厳しい予算状況の中、すぐには難しい状況です。

 いずれも御意見に沿うことができず申し訳ございません。ご迷惑をお掛けしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 なお、子どもの読書活動の推進については、子ども図書館や各図書館の様々な事業等において実施してまいります。

担当

教育委員会中央図書館 電話:093-571-1481

受付年月

令和元年11月

注意事項

本ページに掲載している内容は、原則、回答を行った時点のものであり、現在の内容と異なる場合があります。

このページの作成者

広報室広聴課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2525 FAX:093-582-3117

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。