ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 市政情報 > 広報・広聴 > 寄せられた市民のこえ > 建築・都市計画・開発・住宅(寄せられた市民のこえ) > 建築年数の古い市営住宅の耐震性について(寄せられた市民のこえ)
ページ本文

建築年数の古い市営住宅の耐震性について(寄せられた市民のこえ)

更新日 : 2021年4月2日
ページ番号:000155783

築年数の古い市営住宅に住んでいるが、地震が起きても大丈夫か。

 安全・安心な街づくりを目指す本市における市営住宅の耐震対策については、北九州市地域防災計画に基づき、既存市営住宅の耐震性能を確認し、必要により耐震改修など適切な対応を図ることとしています。

 昭和56年以前に建設された市営住宅について、平成18年度より順次耐震診断を実施したところ、お住まいの団地については必要な耐震性能が確認されており、耐震改修などの対応は不要であるとの結果になっています。

このページの作成者

広報室広聴課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2525 FAX:093-582-3117

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。