ページトップ

戸畑駅周辺地区

更新日 : 2020年6月17日

交流・にぎわい醸成のまち戸畑駅周辺地区

新戸畑駅

 戸畑駅周辺は、JR戸畑駅を中心とした鉄道と道路の結接地点であることから、"交流・にぎわい 醸成のまち"として再整備しています。

 駅の南口周辺では、戸畑区の顔づくりを基調とした「多世代共生のまち」づくりが進められてきました。平成11年3月に新駅舎、大型商業施設、そして平成14年10月に「ウェルとばた」が完成しました。

 駅の北側の西戸畑地区には、洞海湾という大きな資源があります。
 ウォーターフロントと道路等住環境を整備し、海に開かれた町並みの形成に努めています。

平成11年3月
新戸畑駅

「ウェルとばた」の完成

 戸畑駅南口周辺の中心施設です。
 旧戸畑駅舎の跡地に、福祉関連団体や民間のテナントが入居する事務棟と、世代間交流を促進する広場や日本の伝統芸能を演じるに最適な機能を持つホール棟からなる複合公共施設が完成しました。

ウェルとばた
平成14年10月にオープン!「ウェルとばた」

 大ホールは、800人を収容でき、回り舞台などの特殊な舞台装置が設置されています。中ホールは、300人を収容でき、コンサートや発表会、セミナーなどに利用できます。


大ホール

中ホール(日立金属記念ホール)
交流プラザ
「交流プラザ」年間25万人の人が訪れる戸畑の玄関口です。伝統文化・戸畑祇園大山笠の展示で華やかな空間を演出します。プラズマテレビも設置され戸畑祇園大山笠の臨場感を味わえます。

戸畑ポンプ場の建設

新戸畑ポンプ場

西戸畑地域は区内で一番低く、銀座一丁目付近は海抜2メートル弱しかないため、大雨の時には浸水も心配されるので、雨水処理能力の向上を図るため、弁天・都島・鳥旗の3ポンプ場を統合し、新ポンプ場が建設されました。新ポンプ場には、市内で最大級の雨水ポンプを設置するとともに、初期雨水による海や川の汚染を軽減するため、雨水滞水池を併設しており、平成18年度より供用を開始しています。
 戸畑ポンプ場建設工事
  事業箇所:戸畑区川代二丁目地内
  事業期間:平成11年度~23年度
  事業予定:平成14年度 土木工事
   平成16年度~17年度 建屋建築、設備整備
   平成18年度 運転開始
   平成23年度 統廃合完了

このページの作成者

戸畑区役所総務企画課
〒804-8510 北九州市戸畑区千防一丁目1番1号
電話:093-881-0039 FAX:093-881-2204

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。