ページトップ
印刷用ページ

現在位置: 上下水道局トップページ > よくあるご質問 > お気をつけください > 水道水に薬品を入れて変色したものを見せられ、浄水器などを勧められたのですが、水道水は大丈夫ですか?

ページ本文

水道水に薬品を入れて変色したものを見せられ、浄水器などを勧められたのですが、水道水は大丈夫ですか?

コップに水を汲んで薬品を入れて、ピンク色に変えたり浮遊物を見せたりして浄水器の販売をする業者にご注意ください。
 
水道水に含まれる塩素に反応する水質検査を見せて不安をあおり、高額な浄水器の購入を迫る悪質な業者が見受けられます。塩素は殺菌のため注入しているもので、水道水には必ず入っています。上下水道局ではお客さまに、浄水器の販売はしていません。安心して飲んでいただける水道水を提供しています。

※上下水道局の職員や委託業者が各家庭を訪問する時には、必ず身分証明書(職員証等)を携帯しています。おかしいと思ったときには、迷わず身分証明書の提示を求めてください。

お問い合わせ先

 上下水道局総務課(電話:093-582-3131)

このページの作成者

上下水道局総務経営部総務課
〒803-8510 北九州市小倉北区大手町1番1号
電話:093-582-3131 FAX:093-582-3100

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?  

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

  • 上下水道
    お客さまセンター

    093-582-3031

    (月曜から土曜日 8時30分から19時)
    水道利用開始・中止や名義変更、各種ご案内

     
  • 各種連絡先の
    ご案内

    水まわりのトラブルなど、各施設へのお問い合わせ

     
  • よくあるご質問

    お客さまから寄せられる代表的なご質問を集めました