ページトップ
ページ本文

渇水に関する資料

渇水の概要

スイッピーの画像

 平成6年は、春先からの小雨傾向により全国的に厳しい渇水に見舞われました。そのため、全国109の1級水系のうち28水系において取水制限が実施される一方で、利水容量が枯渇するダムも続出しました。

 この異常事態に対処するため、国においては、7月15日に国土庁を事務局とする関係省庁渇水連絡会議が設立され、また1都2府29県においても渇水対策本部が置かれました。渇水は、秋に入ってからの降雨により、東から次第に沈静化してきたものの、北部九州では平成7年の春まで続き、最も長期にわたって影響を受けました。平成6年12月末までに水道の給水制限の影響を受けた人口は全国で1,583万人にのぼり、昭和53年渇水の1,071万人を凌ぐ結果となりました。

 福岡県においては、平成6年5月頃から小雨となり、 6月も空梅雨のまま経過して、さらに7月に入ってからは連日の猛暑と小雨により、ダムや河川の状況は急速に悪化しました。このような水事情を受け、九州地方建設局及び福岡県は、国に先がけ7月6日に渇水対策本部を設置し、渇水に対処することとしたが、7月21日に太宰府市が給水制限に入ったのを皮切りに、給水制限に入る自治体が続出し、8月4日には福岡市が、9月12日には遂に本市も給水制限(10月11日に中断)に入りました。その後、9月中旬以降の降雨やかんがい期の終了等により、本市を含む5市12町が年内に給水制限を中断又は解除しましたが、福岡都市圏では水源がなかなか回復せず、福岡市等では平成7年に入っても給水制限が続きました。その後、平成7年4月から5月にかけての降水により、福岡都市圏の給水制限は順次解除されていき、最終的に7月6日に福岡県渇水対策本部が解散して1年に及んだ渇水が終了しました。

 この給水制限は県下28市44町に及び、そのうち時間断水は、10市14町、影響人口約2,944千人で、これに減圧調整の影響人口を併せると、合計約3,648千人の県民(県民の74%)が影響を受けたことになります。

渇水時における給水制限について (H12.3.1)

(昭和42年)
上水(延日数53日) 工水(延日数64日)  
月日 断水時間 目標節水率 月日 断水時間 目標節水率 備考
      自6月15日 自主規制 20%

当局では、6月19日から6月25日までの7日間、工水50%の給水制限を実施するよう決めていましたが、受水会社より15日から20%、20日から30%、25日までの集計で50%の自主規制を行いたいとの要望があり、認められ実施しました。

至6月19日
自6月19日 20時 30% 自6月20日 自主規制 30%
至6月25日 5時 至6月25日
自6月26日 備考欄参照 30% 自6月26日 自主規制 50% 1日3回の給水制限
(20時~5時・9時~11時・13~16時)
至6月30日 至6月30日
自7月1日 22時 10% 自7月1日 自主規制 30%  
至7月7日 5時 至7月7日
7月8日 給水制限解除 7月8日 自主規制解除  
      自9月16日 自主規制 20%  
至9月22日
自9月23日 23時 10% 自9月23日 自主規制 20%  
至9月27日 5時 至9月27日
自9月28日 20時 30% 自9月28日 自主規制 50%  
至10月3日 6時 至10月3日
自10月4日 20時 50% 自10月4日 自主規制 60%  
至10月11日 8時 至10月11日
自10月12日 20時 30% 自10月12日 自主規制 50%  
至10月18日 6時 至10月18日
自10月19日 22時 20% 自10月19日 自主規制 40%  
至10月26日 6時 至10月26日
10月27日 給水制限解除 10月27日 自主規制解除  

※上水:6月19日~7月7日までの19日間、9月23日~10月26日までの34日間 合計53日間
※工水:6月15日~7月7日までの23日間、9月16日~10月26日までの41日間 合計64日間

上水(延日数9日) 工水(延日数22日)  
(昭和43年)
月日 時間 目標 月日   目標 備考
      自6月10日 自主規制 10%  
至6月21日
自6月22日 23時 10% 自6月22日 自主規制 20%  
至6月30日 6時 至7月1日
7月1日 給水制限解除 7月2日 自主規制解除  

※上水:6月22日~6月30日までの9日間
※工水:6月10日~7月1日までの22日間

上水(延日数170日) 工水(延日数224日)
(昭和53年)
月日 断水時間 目標節水率 月日 断水時間 目標節水率
      自6月3日 自主規制 10.00%
至6月7日
自6月8日 21時 10.00% 自6月8日 自主規制 20.00%
至6月10日 6時 至6月11日
6月11日 給水制限解除 自6月12日 自主規制 10.00%
至6月23日
自6月24日 21時 10.00% 自6月24日 自主規制 20.00%
至8月12日 6時 至7月10日
自8月13日 給水制限一時中止 自7月11日 自主規制 24%
至8月15日 至8月31日
自8月16日 21時 10.00%      
至8月31日 6時  
自9月1日 21時 20.00% 自9月1日 自主規制 35.90%
至9月29日 10時 至9月30日
自9月30日 21時 15.00% 自10月1日 自主規制 30.00%
至10月8日 8時 至10月9日
自10月9日 21時 12.50% 自10月10日 自主規制 27.00%
至10月22日 7時 至10月23日
自10月23日 22時 10.00% 自10月24日 自主規制 24.00%
至12月10日 7時 至12月11日
12月11日 給水制限解除 自12月12日 自主規制 11.50%
至翌1月12日
1月13日 自主規制解除

※上水:6月8日~6月10日までの3日間、6月24日~8月12日までの50日間、8月16日~12月10日までの117日間、合計170日間
※工水:6月3日~翌1月12日までの224日間

上水(延日数1日) 工水(延日数5日)
(昭和57年)
月日 断水時間 目標節水率 月日 断水時間 目標節水率
自7月12日 21時 10.00% 自7月8日 自主規制 10.00%
至7月13日 6時 至7月11日
7月13日 給水制限解除 自7月12日 自主規制 20.00%
至7月13日
7月13日 自主規制解除
上水(延日数29日) 工水(延日数239日)
(平成6年)
月日 断水時間 目標節水率 月日 断水時間 目標節水率
自9月12日 23時 10.00% 自9月12日 自主規制 20.00%
至10月10日 5時 至10月10日
10月11日 給水制限解除 自10月11日 自主規制 10.00%
至翌5月8日
5月9日 自主規制解除

※上水:9月12日~10月10日までの29日間
※工水:9月12日~翌5月8日までの239日間

このページの作成者

上下水道局総務経営部総務課
〒803-8510 北九州市小倉北区大手町1番1号
電話:093-582-3131 FAX:093-582-3100

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?  

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

  • 上下水道
    お客さまセンター

    093-582-3031

    (月曜から土曜日 8時30分から19時)
    水道利用開始・中止や名義変更、各種ご案内

     
  • 各種連絡先の
    ご案内

    水まわりのトラブルなど、各施設へのお問い合わせ

     
  • よくあるご質問

    お客さまから寄せられる代表的なご質問を集めました