ページトップ
ページ本文

関門の5連携

1 関門連携の経緯

 関門海峡という共通の財産を持つ下関市と北九州市は、古くから密接な関係を持ちながら一体的な都市圏・経済圏を形成してきました。
 特に近年は、市民同士はもとより、産学官などさまざまな分野での交流が活発に行われています。
 昭和62年からは、両市長会談(関門トップ会談)が行われるようになり、両市の連携・交流がさらに加速しています。このような中、平成19年7月に行われた第10回関門トップ会談において、これまで培ってきた連携事業を「関門の5連携」として整理し、積極的に取り組むことにしました。

両市長の握手画像

2 関門連携共同宣言 <関門の5連携>

  関門海峡という世界に誇れる自然・歴史・文化資産を共有する下関市と北九州市は、これからの関門地域のよりよい都市環境を創造し、豊かで活力ある暮らしを実現するために、次のとおり「関門の5連携」に積極的に取り組むことを宣言します。

市民交流の連携をすすめます。

経済活動の連携をすすめます。

教育文化活動の連携をすすめます。

交通環境の連携をすすめます。

行政間の連携をすすめます。

平成19年7月2日

下関市長 江島 潔       北九州市長 北橋 健治

このページの作成者

企画調整局政策部政策調整課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2156 FAX:093-582-2176

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。