ページトップ
ページ本文

ストーブ火災が増加中!

更新日 : 2021年3月18日
石油ストーブの燃焼実験画像

前年に比べて増加しています

 昨年の暮れからストーブが原因と思われる、住宅を全焼する火災が相次いで発生しています。

 今は、空気が乾燥して火災が発生しやすい時季です。そして、朝晩の冷え込むときは、まだまだストーブの使用機会があり注意が必要です。

 今季(令和2年12月から令和3年2月)と昨季(令和元年12月から令和2年2月)を比較すると、ストーブ火災が7件も増加しています。

期間 12月 1月 2月 合計
今季 3件 4件 3件 10件
昨季 1件 0件 2件 3件
増減 2件増加 4件増加 1件増加 7件増加

ストーブ火災を防ぐポイント

  • 上や周囲には、洗濯物を干さない、燃えやすい物を近づけない
  • 点火したまま給油をしない
  • カートリッジタンクの蓋は、確実に閉める

 など、使用方法を守って、火災を発生させないようにしてください。

 詳しくは、「ストーブ火災に注意」のページをご覧ください。

ストーブ火災の危険な行為

住宅からの火災を防ぎましょう

こんろの火が袖に燃え移っている図
  • 寝たばこはしない。
  • ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用し、就寝時は必ず電源を切る。
  • こんろから離れる時は、必ず火を消す。
  • 仏壇から離れる時は、必ずろうそくの火を消す。
  • 着ている服にガスこんろ等の火が燃え移る着衣着火に注意する。
  • 住宅用火災警報器を適正に設置し、定期的な点検・清掃、交換をする。(法令により全ての住宅に設置義務)

 詳しくは、「住まいの防火」のページをご覧ください。

このページの作成者

消防局予防部予防課
〒803-8509 北九州市小倉北区大手町3番9号
電話:093-582-3836 FAX:093-592-6795

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。