ページトップ
印刷用ページ

現在位置:トップページ > 観光・おでかけ > 芸術・文化 > 芸術・文化のイベント情報 > 「小倉ブックフェス」開催!

「小倉ブックフェス」開催!

ブックフェスポスター画像

平成29年11月5日(日曜日)から11月26日(日曜日)まで、小倉ブックフェスを開催します!

 今年3月、「北九州文学サロン」がオープンしました。ここは、北九州市が今までたくさんの作家さんたちを育んできた街であること、そして今も、これからも創作活動を行う人々がいる街であることを象徴するところです。この街のあちらこちらでは、読書会や句会などが行われており、文学サロンも仲間入りしました。今秋、文学サロンを飛び出して、文学をきっかけに小倉の街をつなげよう、という気持ちから「小倉ブックフェス」をはじめます。

 文学は、文学だけにあらず。音楽や、演劇や、漫画や美術。いろいろなアートと切っても切り離せません。文学とアートが越境するお祭りがはじまります。ぜひ小倉で、ディープな文学体験を。

期間:平成29年11月5日(日曜日)~11月26日(日曜日)
場所:北九州文学サロンほか
主催:北九州市、京町銀天街協同組合、北九州市立大学文学プロジェクト

日時 場所 内容
5日(日曜日)11時~ 辻利茶舗京町本店前 「京町de読書」文庫本贈呈式
5日(日曜日)15時~ 北九州文学サロン 本屋のよもやま噺
11日(土曜日)14時~/16時~ 北九州文学サロン 「睡稿、銀河鉄道の夜」
11日(土曜日)14時~ 集合 北九州文学サロン 文学と、まち散歩
12日(日曜日)14時~ 北九州文学サロン

ミュージアムカフェ第一話『マンガの新しい「形」~あるいはマンガは文学たりうるか』

14日(火曜日)13時30分~ 北九州市立文学館 ベルリン森鷗外記念館副館長ベアーテ・ヴォンデ氏講演会
18日(土曜日)13時~/16時~ 北九州文学サロン 「よむ、記憶」
19日(日曜日)13時~ 集合 北九州市立文学館 ミッションゲーム999
22日(水曜日)14時~ 北九州文学サロン

文学と、まち散歩

23日(祝日・木曜日)17時30分~ コワーキングスペース秘密基地 野崎歓講演会「文学の国フランスへのお誘い」
25日(土曜日)14時~ 北九州文学サロン ミュージアムカフェ第二話「美術館リニューアルオープン記念 ターナー展、ザ・ベストコレクション展」
25日(土曜日)18時30分~ LIVE SPOT WOW! 町田康トーク・汝、我が民に非ズライブ「パンクロックと文学 言葉はどこから導き出されるか」
26日(日曜日)11時~ 京町銀天街・北九州文学サロン 京町町衆海衆秋まつり・北九州文学サロン俳句賞 表彰式
26日(日曜日)14時~ 北九州文学サロン

ミュージアムカフェ第三話小倉藩主 小笠原忠真について」

1 京町de読書

文学館文庫と京町銀天街

京町銀天街のいろいろなお店で、小倉ゆかりの北九州市立文学館文庫を読んでいただけます。

京町銀天街を訪れた際、喫茶店で読んだ森鷗外の続きを次の日美容院で、病院で読んだ「無法松の一生」の続きを隣の薬局で、読むことができます。

本を介して「人と人」「人と店」「店と店」をつなげる試みです。
北九州市立大学文学プロジェクトの学生さんによるPOPも必見。

【京町de読書 文学館文庫贈呈式】
平成29年11月5日(日曜日)11時~
辻利茶舗 京町本店前にて

お店で読める文学館文庫
文学館文庫タイトル 内容
『火野葦平 岩下俊作 劉寒吉 集』

「糞尿譚」(火野葦平)、「無法松の一生(富島松五郎伝)」(岩下俊作)、「翁」(劉寒吉)、「阿蘇外輪山」(劉寒吉)

『森鷗外』 「鶏」、「独身」、「二人の友」、「小倉日記」
別冊『杉田久女頌』

俳句(杉田久女)、散文(杉田久女)、杉田久女頌(高橋睦郎、西村和子、坂本宮尾、坪内稔典、阿木津英、増田連、石太郎)

お店の種類     店名
喫茶店等 一丁目の元気、カフェ・ド・ファンファン、辻利茶舗京町本店、サルタヒコ
美容室 美容室ラガッツァ、美容室STORE、ヘアーメイク グレマ、BonMale hair
医療関係 今村歯科医院、志田山形成外科、創伸接骨院、東邦クリニック、フタバ薬局、宮崎歯科

*各お店の場所は、京町銀天街のHPをチェック
 京町銀天街協同組合(外部リンク)
 ※トップページの一番下に地図があります。

2 本屋のよもやま噺

本棚

小倉の本屋の店員さんが、おすすめの本や本屋の裏側についてお話します。

本好きなら本好きなら一度は憧れるまちの本屋さん。
本屋さんは普段どんな本を読んでいるのでしょう。売りたい本と好きな本は違うのだろうか?実際本屋の仕事って何をしているの?などの本物の本屋さんの本音をうかがいます。
普段はレジの向こうにいる本屋さん5名のお話を聞いてみませんか。

日時:平成29年11月5日(日曜日)15時~16時30分
会場:北九州文学サロン(小倉北区京町1-5-9)
定員:25名(先着) 料金:無料
申込:北九州文学サロン(093-383-8610)に電話で申込み(10月17日11時より申込開始)

出演者
店舗名 出演者

喜久屋書店(小倉北区京町3-1-1COLET/Im9階)

石川 優子
くまざわ書店(小倉北区浅野1-1-1アミュプラザ西館6階) 小川 早紀
積文館書店(クエスト)(小倉北区馬借1-4-7 ) 三浦 学功
福家書店(小倉北区 室町1-1-1リバーウォーク北九州2階) 川野 尚毅
199bnf(北九州市小倉北区 魚町3-3-12 メルカート三番街1F-4) 山路 弘大
《司会》 藤井 邦弘(シンガーソングライター/魚座)

*10月上旬より、本屋さんのおすすめの本を北九州文学サロンにて展示します。

3 リーディングで読み解く小説×戯曲「睡稿、銀河鉄道の夜」

泊篤志氏写真 泊篤志氏

劇団・飛ぶ劇場の人気演目『睡稿、銀河鉄道の夜』と、宮沢賢治原作『銀河鉄道の夜』を読み解きながら原作/作品に迫ります。

日時:平成29年11月11日(土曜日)(1)14時~(2)16時~(2回公演)
会場:北九州文学サロン(小倉北区京町1-5-9)
定員:各回20名  料金:無料
申込:往復葉書(〒802-0002 北九州市小倉北区京町1-5-9 北九州文学サロン「銀河鉄道の夜」係)またはメール(bungakusalon@blue.ocn.ne.jp)
住所、氏名、電話番号、年齢、希望公演時間、人数(2人まで)を記載してください。 
締切:10月25日(水曜日)必着

演目

『睡稿、銀河鉄道の夜』
原作 宮沢賢治
作・演出 泊篤志
出演 寺田剛史、木村健二、中川裕可里、穴迫信一(ブルーエゴナク)
企画・製作 飛ぶ劇場、kitaya505

「睡稿、銀河鉄道の夜」チラシ(PDF形式:120KB)

4 昼下がりのミュージアムカフェ

ミュージアムカフェのようす

いのちのたび博物館・北九州市漫画ミュージアム・北九州市立美術館の学芸員による出張ミュージアム講座を開催します。
この秋に開催される企画展の見どころなどの話を聞きながら、ちょっとおしゃれにコーヒーブレイクはいかが?・・・あなたのお越しをお待ちしています。

日時:平成29年11月12日(日曜日)、11月25日(土曜日)、11月26日(日曜日)各回14時~15時半
会場:北九州文学サロン(北九州市小倉北区京町1-5-9)
定員:各回20名   料金:無料(コーヒー代実費=希望者のみ)
申込:北九州文学サロン(093-383-8610)に電話で申込み。 (申込開始日は下記参照)

  日時 内容 講師 申込開始日
第1話 11月12日(日曜日)14時~15時30分

マンガの新しい「形」~あるいはマンガは文学たりうるか

北九州市漫画ミュージアム 専門研究員 表 智之

10月17日(火曜日)11時から
第2話 11月25日(土曜日)14時~15時30分

美術館リニューアルオープン記念

ターナー展、ザ・ベスト・コレクション展

北九州市立美術館 学芸員 河村朱音、学芸員 清田幸枝

11月3日(金曜日)11時から
第3話 11月26日(日曜日)14時~15時30分 小倉藩主 小笠原忠真について

いのちのたび博物館 学芸員 守友 隆

11月3日(金曜日)11時から

ミュージアムカフェチラシ(PDF形式:156KB)

5 福岡ユネスコ文化講演会 「文学の国フランスへのお誘い」

野崎歓氏写真 野崎歓氏

フランス文学者・野崎歓氏講演会。

翻訳書を読むことを通してフランス文学が好きになり、その文学の面白さからフランス語を学ぶようになった野崎歓氏は現在、フランスの古典から最先端の文学まで、また映画に関する書籍や絵本など意欲的に翻訳に取り組んでいます。フランス文学者、野崎歓氏が文学や映画を通して皆さまをフランスへお誘いします。

日時:平成29年11月23日(祝日・木曜日) 開場17時 開演17時30分
会場:コワーキングスペース秘密基地(北九州市小倉北区京町2-2-19 小倉ジャンジャンビル3階)
定員:60名(抽選) 料金:500円(ドリンク代)

申込:(1)インターネット 下記の電子申請ページより必要事項を入力し送信してください。(11月6日(月曜日)まで)
野崎歓講演会電子申請(パソコン版)
野崎歓講演会電子申請(スマートフォン版)
野崎歓講演会電子申請(携帯電話版)
(2)往復葉書   住所、氏名、年齢、電話番号、参加人数(3人まで)をご記入の上、下記までお送りください。(11月6日(月曜日)必着)
〒803-8501 
北九州市小倉北区城内1-1 北九州市市民文化スポーツ局文化企画課内「野崎歓氏講演会」係

主催:一般財団法人 福岡ユネスコ協会、北九州市

【野崎歓(のざき かん)】
1959年新潟県生まれ。翻訳家、エッセイスト、映画・文芸評論。

東京大学大学院人文社会系研究科・文学部教授。
主な翻訳作品には、『浴室』から『マリーについての本当の話』までのジャン=フィリップ・トゥーサンの作品(2000年にベルギー・フランス語共同体翻訳賞受賞)、サン=テグジュペリ『ちいさな王子』、スタンダール『赤と黒』、ボリス・ヴィアン『うたかたの日々』、ミシェル・ウエルベック『地図と領土』『ランサローテ島』、ジャン=ミシェル・フロドン『映画と国民国家』など。
著書に、『ジャン・ルノワール 越境する映画』(サントリー学芸賞受賞)『赤ちゃん教育』(講談社エッセイ賞受賞)『異邦の香り―ネルヴァル『東方紀行』論』(読売文学賞受賞)『谷崎潤一郎と異国の言語』『夢の共有』他。中国語圏映画を中心にアジア映画の評論も多く、『香港映画の街角』『アジア映画で〈世界〉を見る――越境する映画、グローバルな文化』(編著)などがある。

ユネスコ講演会チラシ(表)(PDF形式:714KB)
ユネスコ講演会チラシ(裏)(PDF形式:194kB)
 

6 パンクロックと文学 言葉はどこから導き出されるか

町田康チラシ画像

町田康氏トークと「汝、我が民に非ズ」ライブ。

芥川賞作家でありミュージシャンでもある町田康氏のトークと、町田康氏のバンド「汝、我が民に非ズ」のライブを行います。たっぷりと演奏を楽しんでいただいた後、町田康氏が音楽と文学について、人間にとって文化とは、音楽とは何かを語ります。

日時:平成29年11月25日(土曜日) 開場18時 開演18時30分
会場:LIVE SPOT WOW!(北九州市小倉北区室町3-3-15)
料金:3,000円(別途ワンドリンクオーダー)
チケット購入:イープラス、チケットぴあ[P597-370] 10月17日(火曜日)10時より販売開始

*当日、会場にて町田康氏の書籍を販売。ご購入いただいた本にはサインします。(1人1冊まで)

[町田 康(まちだ こう)]
1962年、大阪に生まれる。1981年パンクバンド「INU」のボーカリストとしてデビュー。1996年処女小説『くっすん大黒』で野間文芸賞、ドゥマゴ文学賞受賞。2000年『きれぎれ』で芥川賞を受賞する。2001年『土間の四十八滝』で萩原朔太郎賞、2002年『権現の踊り子』で川端康成文学賞、2005年『告白』で谷崎潤一郎賞、2008年『宿屋めぐり』で野間文芸賞をそれぞれ受賞。近著に『ホサナ』(2017.5)。現在はバンド「汝、我が民に非ズ」でも活動中。

[汝、我が民に非ズ(なんじ、わがたみにあらず)]
町田康の新ユニット。2015ROCK IN JAPAN FES@ひたちなか海浜公園に出演。2017年より高円寺ジロキチにてほぼマンスリーでワンマンライブを行うなどさらに精力的に活動中。

「パンクロックと文学チラシ」(PDF形式:1.17MB)

7 ベルリン森鷗外記念館副館長 ベアーテ・ヴォンデさん講演会

ベルリン森鷗外記念館の写真 ベルリン森鷗外記念館

ベルリン森鷗外記念館の副館長 ベアーテ・ヴォンデさんが来日。遠くて近いベルリン森鷗外記念館についてお話します。

日時:平成29年11月14日(火曜日) 13時30分~15時
会場:北九州市立文学館(北九州市小倉北区城内4-1)
定員:50名 料金:無料 
申込:不要。直接会場にお越し下さい。

ベアーテ・ヴォンデ氏
1954年 ドイツ国ブランデンブルグ州グーベン生まれ。ベルリン・フンボルト大学アジア学部日本学科卒業後、1979~81年日本国文部省奨学金受給により早稲田大学留学。帰国後、1981~87年までベルリン・フンボルト大学日本学科助手として勤務。1995年より ベルリン・フンボルト大学附属「森鷗外記念館」副館長に就任。

[連携企画]

[よむ、記憶]

北九州芸術劇場+市民共同創作劇「Re:北九州の記憶」関連企画のリーディング公演

平成25年度「Re:北九州の記憶」で生まれた作品「昭和12年7月31日」を、北九州文学サロンと連携し八幡製鐵所の記録や記憶を通して、当時の北九州を覗きみる時間を提案します。

「昭和12年7月31日」
全国大会を目指し、順調に勝ち抜いてきた八幡製鐵所野球部。夢にまでみた全国大会の切符を手に入れるが、神宮球場での都市対抗全国大会出場を目前に、選手や監督にぞくぞくと召集令状が届く。神宮球場での野球を胸に、出兵する部員達の思いとは・・

日時:平成29年11月18日(土曜日) (1)13時~ (2)16時~(2回講演)
会場:北九州文学サロン(北九州市小倉北区京町1-5-9)
定員:20名(先着)  料金:無料
申込:(1)電話090-2502-0923(藤本)
(2)メールinfo@kitaya505.com (住所、氏名、電話番号、年齢、希望公演時間を記載) 
(1)(2)10月15日(日曜日)10時より申込開始

演目 「昭和12年7月31日」
作・演出 藤本瑞樹(二番目の庭)
出演者 宇都宮誠弥(飛ぶ劇場)、西村佳那生(宇都宮企画)、鈴木隆太
トークゲスト 菅和彦(新日鐵住金OB)

【「Re:北九州の記憶」】
平成24年度に、市制50周年を迎えた年から始まり、今年で6年目を迎える。「記録は書籍や写真で残っていくが、記録はそのうち消えていってしまう」この街に暮らす方々の個人の中に眠る記憶を、インタビューを通して戯曲化し継承していく。今年度は、これまで蓄積された戯曲を再構成し、10月に本公演を行う。
北九州芸術劇場「Re:北九州の記憶」(外部リンク)

主催:北九州芸術劇場(電話093-562-2655)

「よむ、記憶」チラシ(PDF形式:380KB)

[ミッションゲーム999]

小倉を探索、ミッションクリア!
30のミッションをチームで協力しながらクリアせよ!

京町を中心とした小倉周辺に隠されたミッションをチームで協力しながらクリアを目指してもらいます。クリアしたミッションは写真を撮り本部に送信することでポイントになります。ポイントを稼いで優勝を目指しましょう!どなたでも参加可能!
家族、友人、カップル、もちろんお一人で、わくわく体験しませんか?

日時:平成29年11月19日(日曜日) 受付12時~ 説明13時~ ミッション時間13時15分~16時15分
集合場所:北九州市立文学館2階(北九州市小倉北区城内4-1)
ミッション場所:JR小倉駅周辺
定員:100名  料金:無料
申込:北九州市立大学文学プロジェクト twitter @BunbunLp (外部リンク)文学の街北九州プロジェクト フォロー&メッセージ
facebook @BunbunLp2 (外部リンク)文学の街-北九州-プロジェクト 参加ボタンをクリック&メッセージを送信
平成29年10月15日(日曜日)申込開始

ミッションゲーム999のルール
(1)当日、受付でミッションシートを受け取る(ミッションは約30個)
(2)小倉の街を探索し、ミッションをこなす。クリアの証拠はSNSで投稿しよう
(3)時間内にクリアしたミッションの総ポイント数が参加者の中で一番多ければ、めでたく優勝!賞品をもらって帰ろう

主催:北九州市立大学文学プロジェクト 問合:北九州文学サロン(電話093-383-8610)

「ミッションゲーム999」チラシ(PDF形式:1.77MB)

[京町町衆海衆秋まつり]

縁日(白玉ながし)等の出店、飲食店、ブックカバー作り等の参加型イベントなどなど盛りだくさんです。京町銀天街のとびきり市(11月11日~26日)参加店で購入の方を対象に、ガラポン抽選会も行います。ぜひ、京町で楽しい思い出を作ってください♪
日時:平成29年11月26日(日曜)11時~
会場:京町銀天街内
主催:京町銀天街協同組合(電話093-981-4986)

[北九州文学サロン俳句賞 表彰式]
北九州文学サロンの俳句ポストに投句された作品の中から入選作品を表彰。表彰後は文学サロンで入選作品を展示します。
選者:北九州俳句協会会長 石川一歩氏
表彰式:平成29年11月26日(日曜)11時~
会場:北九州文学サロン(北九州市小倉北区京町1-5-9)

ミッションの例
ミッションゲーム999例題

[同時開催]

文学と、まち散歩の例 森鷗外文学記念碑

~北九州文学サロンでのその他の催し~

(1)「和紙人形教室」
 9日(木曜日)、23日(木曜日)13時~15時
料金:1,000円   定員:10名
申込:小林文具店電話093-521-0384

(2)「文学と、まち散歩」
小倉城周辺のコースをガイドと一緒にまわりましょう。
11日(土曜日)、22日(水曜日)14時~15時半
料金:無料  定員:各回5名(先着)
集合場所:北九州文学サロン
申込:北九州文学サロン電話093-383-8610(11月3日11時申込開始)
「文学と、まち散歩」チラシ(PDF:675KB)
 

(3)「檸檬句会」
秋の句を4句ご用意ください。見学も可。
11日(土曜日)18時~21時
料金:400円 筆記用具持参  定員:10名
申込:古本や檸檬・村田 電話093-631-1124 メールtovatsue@ezweb.ne.jp

(4)「川柳教室」
お鶴さんによる初心者から中級者の方を対象として川柳教室。
16日(木曜日)15時~16時
料金:無料   定員:抽選15名
申込:京町銀天街事務所 電話093-981-4986 FAX093-981-3676(11月9日までに要申込)

(5)「『雲のうえ』の十年とこれからのこと。」
雲のうえ編集委員牧野伊三夫さん、有山達也さん、つるやももこさんによるトークショー。
司会は西日本新聞社 地域戦略担当 玉井行人さん。
16日(木曜日)18時30分~20時
料金:無料 定員:30名
申込:一生もんshop緑々電話093-533-0533 メールinfo@ao-ao.net

小倉ブックフェスパンフレット

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

市民文化スポーツ局文化部文化企画課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2391 FAX:093-581-5755

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。