ページトップ
印刷用ページ
現在位置:トップページ > 観光・おでかけ > 観光ガイド > 門司港レトロ > 「門司港レトロ アート・シンポジウム」の開催について

「門司港レトロ アート・シンポジウム」の開催について

 美しく雄大な関門海峡を臨み、大正ロマン溢れるレトロな建築物が立ち並ぶ門司港。その独特な魅力に多くのアーティストが魅了され、創作意欲を刺激する場所として愛されてきました。

 本シンポジウムでは、「横浜トリエンナーレ」など日本有数のアートプロジェクトを手掛けた芹沢高志氏を講師に迎え、全国各地で行われているアートプロジェクトの紹介や、地域に及ぼす影響などをお話しいただきます。

 後半は、地元在住のアーティストなどを迎え、門司港でのアートを活かしたまちづくりについてパネルディスカッションを行います。
 なお、シンポジウム当日は、Youtubeでのライブ配信も行います。

開催日時

平成30年年2月25日(日曜日) 13時30分から16時00分まで(13時00分開場)

開催会場

プレミアホテル門司港4Fバンケットホール「ジョイア」

定員

150名(事前申込制、先着順)

プログラム

13時30分 開会挨拶

13時40分 基調講演 演題:「地域・歴史・アート~場所の感覚とアートの力」 

14時50分 パネルディスカッション テーマ:「門司港アートの魅力と未来」

16時00分 閉会

基調講演

基調講演 演題:「地域・歴史・アート~場所の感覚とアートの力」

●講師:芹沢 高志(P3 art and environment 統括ディレクター)

「横浜トリエンナーレ」や、「別府現代芸術フェスティバル 混浴温泉世界」に携わった経験から、アートをまちづくりに取り入れた先進事例や、その取り組みの成果・問題点などを紹介いただきます。一過性のイベントとしての芸術祭を超えていく仕掛けの必要性や、地域にとってなぜアートが必要なのかを論じます。

パネルディスカッション

パネルディスカッション テーマ:「門司港アートの魅力と未来」

門司港における文化・芸術に関する取り組みを振り返り、今後、継続的にアートを育むためにはどのような手法が有用か、その可能性と未来についてディスカッションします。

●パネリスト
 芹沢 高志(P3 art and environment 統括ディレクター)

 城水 悦子(門司港美術工芸研究所 理事長)

 松浦 孝(彫刻家)

●コーディネーター
 内田 晃(北九州市立大学地域戦略研究所 副所長・教授)

問合せ・申込み

電話、FAX、メールもしくはアヴァンティホームページへ。

【門司港レトロ アート・シンポジウム事務局(アヴァンティ編集部内)】

●電話 093-563-7005

●FAX 093-563-7006

メール kitakyushu@e-avanti.com

アヴァンティホームページ(外部リンク)

シンポジウムライブ配信

門司港レトロ アート・シンポジウム チラシ

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

産業経済局観光にぎわい部門司港レトロ課
〒801-0853 北九州市門司区東港町6番72号門司港レトロ観光物産館2階
電話:093-322-1188 FAX:093-322-3033

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

観光ガイド

  • 組織から探す
  • 区役所
  • 施設
  • 市政・区政相談
  • 市政・区政提案箱
  • 北九州市コールセンター 093-671-8181 年中無休 8時から21時