IT・IoTを活用した新しい保育園の運営。
ベビーテック製品の開発販売も手掛ける株式会社ハピクロ。

株式会社ハピクロ 代表取締役社長 吉田真由美さん 常務取締役 事業企画担当 中田 佳孝さん

※「左:吉田氏 右:中田氏」

―御社の事業内容を教えて下さい

(中田氏)「子ども、保護者、職員にとことん寄り添う」をテーマに、北九州市八幡西区黒崎を拠点に保育事業(にじいろのはな保育園)、育児支援事業、保育に関連するIT・IoTシステムの開発・販売などを行っています。園の運営を効率化し、安全性を高め、保育士が働きやすい環境を支えるIT・IoTを積極的に取り組み、自社での開発はもちろん、便利なサービスは積極的に導入しています。

―創業のきっかけは?

(中田氏)北九州みらいのビジネスづくり対話会という、北九州の地域課題をビジネスで解決するワークショップ形式のセミナーに参加したとき、八幡西区の待機児童問題について考えるというテーマが出ました。そのとき、わたしと代表の吉田が同じグループになったことが縁で、任意団体として「ハピクロ」をつくったんですよね。当時吉田は八幡西区の子育て支援施設でパートをしており、わたしもIT系の会社につとめていました。その後、ビジネスプランコンテストでオーディエンス賞と社会起業大学賞をいただいたこともあり「これならいけるかな」と半分勢いで株式会社ハピクロを立ち上げました。今考えると無謀な話ですけど。

近年、保育士不足や保育士の労働環境などが問題視されていますよね

(吉田氏)はい。保育の現場は大変とか、給料が安いとか、中にはブラック企業が多いといった印象をもたれている方もいるかと思います。サービス残業が多かったり仕事の持ち帰りが多かったり。我々が運営する保育園では(企業としては当たり前のことですが)絶対にそういったことが起きないように徹底しています。入退室を管理するIoTデバイスを導入して残業ができない環境を作ったのもそれが理由です。

―保育事業とIT。一見すると関係なさそうにも見えますがどういった取り組みをされているのでしょうか

(中田氏)保育業界だけの話ではないと思いますが、この業界もアナログ的な要素が非常に強いように感じました。それが非効率を生み、従業員の負担増やストレスに繋がっている部分も多くあると実感しています。それら課題をIT・IoTで解決する。具体的なところでいうと紙ベースではなくタブレット端末で記録ができるシステムを作ったり、お昼寝のチェックをサポートするIoTデバイスを開発したり。お昼寝の際、0歳児は5分に一回、保育士が寝返り方向や呼吸状態などの確認が義務付けられています。1歳児は10分に一回。SIDS(乳幼児突然死症候群)を未然に防ぐためです。保育士の精神的ストレスって相当なものですよね。

そういった保育士の精神的ストレスの軽減、お昼寝時の事故リスクの低減のために弊社で開発したのが、ベビーテックデバイス第一弾となる「ハピサポ Babyセンサー」です。特殊なセンサーを内蔵したIoTマットレスで、赤ちゃんが低呼吸状態になったときにアラーム通知をしたり、周辺の温湿度を計測したり、寝返りの状態を記録することができます。保育士さんの目視によるチェックは法令上必ず必要ですが、それを強力にサポートすることができます。今までは自分ひとりで確認していたところを、ハピサポ Babyセンサーがあることで二重にチェックすることができますので、保育士の精神的負担軽減につながります。計測されたデータは、Bluetoothを経由してパソコンやタブレットなどのデバイスに送信・蓄積されます。記録などの手間も削減でき、なにより就寝時の赤ちゃんの状態を簡単に可視化することができます。

  • ハピサポ Babyセンサー イメージ1
  • ハピサポ Babyセンサー イメージ2
  • ハピサポ Babyセンサー イメージ3

―ハピサポ Babyセンサーの他に開発された製品はありますか?

(中田氏)保育園で出す給食の衛生管理に関するIoTシステムを開発しています。食に関わる衛生管理の記録はシビアで、園は毎日室温と冷蔵庫中の温度の記録を取る必要があります。ほとんどの園が手作業で記録を取られているようですが、当園は園の温湿度もすべて自動で集計されます。冷蔵庫の中にもセンサーを設置し、自動で集計ができるようになりました。厨房で働く職人の手間も大幅に削減できたように思います。今後、保育園はもちろん飲食業界用にも使用できるよう、カスタマイズしてリリース予定です。

―保育園の運営だけではなく、保育園運営支援事業もされていると伺いました

(吉田氏)はい、ハピクロで導入しているIT・IoT関連のソフトウェアは、他園でも効果的に利用できるものと確信しています。自社で開発し実用しているハピサポBabyセンサーをはじめとしたベビーテック製品を今後も開発販売していく予定です。お話したとおり、保育業界もIT化が進んでいない業界です。園児さんが安心して楽しく保育を受けられる、親御さんも安心して大事なわが子を預けられる、保育士ものびのびと働くことができる。便利なIT・IoTはもちろんですが、ハピクロの保育理念や方針、保育の具体的なメソッドについても、自信があるからこそ広くひろめていきたいなと考えています。

―IT・IoTを導入して、保育士さんの反応はいかがですか?

代表取締役社長 吉田真由美さん 常務取締役 事業企画担当 中田 佳孝さん

(中田氏)もともとパソコンやITに詳しくない職員がほとんどでした。だからこそ、どんなユーザーインターフェースを作ったらいいか、どうしたら誰でも簡単に扱えるデバイスになるかを重視して開発しています。その場でフィードバックをもらいながら改良が行えるので、当社のIT・IoTのよるサービス開発にとっても、とてもいい環境です。スマートフォンは難なく操作できる方が多いので、スマホ・タブレットで操作しやすいものを目指しています。職員がわたしに直接言いにくいようなことも、園長である吉田がうまく情報を吸い上げてくれるので助かりますね。

―今後の園の展開について教えて下さい

(中田氏)吉田と職員と作り上げてきた保育の理念や方針、保育方法など絶対的な自信を持っています。自社で開発しているベビーテック製品の開発販売を続けながら、将来的にはにじいろのはな保育園を増やしていき、地元北九州の保育課題解決に貢献できればと考えています。

一覧へ戻る

関連記事