ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 子育て・教育 > 子育て > 「きたきゅうベビー応援事業(出産・子育て応援交付金)」について
ページ本文

「きたきゅうベビー応援事業(出産・子育て応援交付金)」について

更新日 : 2023年1月17日
ページ番号:000165301
きたきゅうベビー応援事業

事業概要

妊娠・出産から子育てまで一貫した「伴走型相談支援」と「経済的支援」を、一体的に実施する「きたきゅうベビー応援事業(出産・子育て応援交付金事業)」を実施します。

(1)伴走型相談支援

妊娠届出時から出産後まで、面談やアンケート等を通じて、さまざまな不安や悩みを聞き、子育て支援に関する必要な情報提供を行うとともに、支援が必要な家庭に対して適切なサービスにつなげます。妊娠届出は、「きたきゅう子育て応援アプリ(母子モ)」で手続きを行うことで妊婦等の窓口での負担軽減やゆとりのある面談を行い、出産前(妊娠8か月)にも面談等を充実し、不安なく出産を迎えられるよう支援します。また、生後4か月までの乳児がいるすべての家庭を訪問し、子育ての孤立化を防ぎます。

(2)経済的支援(出産・子育て応援ギフト)【電子申請で受付】

令和4年4月1日以降の妊娠・出生を対象として、妊娠届出時の面談及び出生届出後の面談後に、「出産応援ギフト」と「子育て応援ギフト」を支給します(所得による制限はありません)。

出産応援ギフト 妊娠届出時の面談後に、妊婦一人当たり5万円給付
子育て応援ギフト 出生後の面談後に、児童一人当たり5万円給付

事業開始時期(経済的支援の受付・給付)

令和5年2月下旬

【お問い合わせの多い質問】

Q1:応援ギフト(給付金)はいつ給付されますか。
A1:令和5年2月下旬に受付・振込開始を目指して準備をしています。今後、対象となる方に市から申請に必要なお知らせを送ります。お知らせに基づき申請してください。
 事業開始時は、対象となる方が多いため、令和4年4月以降の妊娠・出生の早い方から順にお知らせをお届けする予定です。
 

Q2:令和4年4月1日に出産しました。子育て応援ギフト(5万円)だけの支給ですか。
A2:出産応援ギフト5万円と子育て応援ギフト5万円(出生した児童が一人の場合)を支給します。令和4年4月1日から令和5年2月(事業開始前まで)に出産した人は、経過措置の対象で、出産分も含めて申請できます。(「給付までの主な流れ」にある【経過措置】も確認ください)
 

 他に「よくある質問Q&A」をご確認ください。

応援ギフトの給付までの主な流れ

出産応援ギフト

(1)妊娠届出、妊婦が面談を受けます。(注1)
(2)面談後、市からお知らせを送ります。
(3)(2)を確認し電子申請してください。
(4)申請内容を審査します。
(5)交付決定を書面でお知らせします。
(6)指定口座に振込みます。

 (注1)産科医療機関等を受診し、妊娠の事実の確認が必要です。

子育て応援ギフト

(1)出生の届出をします。
(2)乳児家庭全戸訪問の際に養育者が面談を受けます。(注2)
(3)面談後、お知らせを送ります。(注2)
(4)(3)を確認し電子申請してください。
(5)申請内容を審査します。
(6)交付決定を書面でお知らせします。
(7)指定口座に振込みます。

 (注2)面談の実施、お知らせの送付にはお時間をいただきます。

【経過措置】令和4年4月1日から令和5年2月(事業開始前まで)の妊娠・出生

(1)対象者にお知らせを送ります。
(2)(1)を確認し電子申請してください。(注3)
(3)申請内容を審査します。
(4)交付決定を書面でお知らせします。
(5)指定口座に振込みます。

 (注3)申請時にアンケートの回答もお願いします。

よくある質問Q&A

Q1:具体的な開始日時はいつですか。
A1:現在、申請受付や審査を行うシステムの構築、事務センターの設置など準備を進めています。準備が整い次第、具体的な日時について、当ホームページなどで改めてお知らせします。

Q2:ギフトの支給方法はどのように行うのですか。
A2:対象となる方に順次案内を送付し、電子申請で受付を行います。申請内容を事務センターで審査し、交付を決定します。申請内容に不備がある場合は、個別にご連絡します。

Q3:里帰り出産の場合、ギフトの支給はどうなりますか。
A3:里帰り先の市町村ではなく、住民票のある市町村で面談を実施し、応援ギフトを支給します。

Q4:北九州市から他の市町村へ転出する予定がある場合、ギフトの支給はどうなりますか。
A4:本事業開始(2月下旬)までに転出される方は、転出先の市町村で申請をお願いします。事業開始後に転出される方は、面談等の有無などで申請先が異なるため、Q6のコールセンターへお尋ねください。

Q5:伴走型相談支援は、どのような支援が受けられますか。
A5:北九州市では、妊娠期から子育て期まで、様々な相談支援事業を行っています。詳しくは「妊娠から幼児期までの健康づくり支援」をご覧ください。乳児家庭全戸訪問事業は「妊娠・出産・育児に関する相談事業」をご覧ください。

Q6:手続きがわからない場合はどうすればいいですか。
A6:市民の皆様の問い合わせに適切に対応できるよう、令和5年2月中旬にコールセンターを設置します。また、市HPやSNS等でも情報を掲載します。

給付金を騙った詐欺や個人情報の搾取にご注意下さい!

応援ギフトの給付に関して、北九州市や国、県から、ATM(現金自動預払機)の操作をお願いしたり、手数料の振込をお願いすることは絶対にありません。また、預金通帳を預かったり、暗証番号を伺ったりすることも絶対にありません。不審な電話がかかってきた場合は、北九州市のお問い合わせ先、または最寄りの警察にご連絡ください。

お問い合わせ先

(1)伴走型相談支援

 北九州市子ども家庭局子育て支援課
 電話:093-582-2410 
 FAX:093-582-5145 

(2)経済的支援(応援ギフト)

 北九州市子ども家庭局総務企画課
 電話:093-582-2280 
 FAX:093-582-0070

このページの作成者

子ども家庭局子ども家庭部総務企画課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2280 FAX:093-582-0070

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。