ページトップ
印刷用ページ

現在位置:トップページ > くらしの情報 > 子育て・教育 > 保幼小連携事業

保幼小連携事業

 近年、急激な少子高齢化や都市化の進展、核家族化など子どもを取り巻く社会状況が大きく変化する中で、子どもたちの乳幼児期からの成長過程において、コミュニケーション力の欠如、規範意識の低下等さまざまな課題が生じています。
 特に、小学校に入学したばかりの一年生が、集団行動が取れない、授業中に座っていられない、話を聞かないなど、いわゆる「小1プロブレム」といわれる事象が見られるようになりました。
 こうしたことから、本市では、 「北九州市子どもの未来をひらく教育プラン」や「元気発進!子どもプラン」の中で、『幼児教育の充実』等の事業のひとつとして位置づけ、保育所、幼稚園の保育環境から、小学校の学習環境への円滑な接続を図るため、保幼小連携事業に取り組んでいます。

主な取り組み

本市では、保幼小連携推進のため、平成17年度から市内3小学校区でモデル事業を実施し、その実践的研究に取り組みました。
また、平成20年度に、その取り組みや成果をまとめた報告書を市内の全保育所・幼稚園・小学校へ配布し、市内全域への普及を図りました。

(1)保幼小連携推進連絡協議会の設置
 平成23年度に、公私立の保育所・幼稚園、公立小学校の代表者で構成された「保幼小連携推進連絡協議会」を設置し、連携推進に関する協議や情報交換を行っています。

(2)保幼小連携担当者名簿の作成・配布  
 平成24年度に全施設に連携担当者を設置しました。毎年、その名簿を作成して全施設に配布し、連携体制の強化を図っています。

(3)研修会の開催
 保幼小連携についての意識を高めるため、市内各保育所、幼稚園、小学校の管理職及び連携担当者を対象とした研修会を開催しています。

 平成29年度保幼小連携研修会概要(PDF形式:254KB)

 平成28年度保幼小連携研修会概要(PDF形式:99KB)

(4)啓発パンフレット「保幼小連携プログラム『つながる』」の作成・配布
 平成23・24年度に、連携推進のガイドブック的役割を果たす啓発パンフレット「保幼小連携プログラム『つながる』」1~3号を作成し、全施設に配布しています。

保幼小連携プログラム「つながる」

 連携の意義や内容・成果を分かりやすく示した啓発パンフレット「保幼小連携プログラム『つながる』」をテーマを定め、3回に分けて作成しました。

「つながる」 1号 〈知る〉

つながる1号表紙

第1号のテーマは「知る」です。
連携のために、まず、お互いのことを『知る』ことが大切です。

第1号 表紙(PDF形式:573KB)

第1号 1,2ページ(PDF形式:1.35 MB)

第1号 3~6ページ(PDF形式:2.58 MB)

第1号 裏表紙(PDF形式:575 KB)

「つながる」 2号 〈学ぶ〉

つながる2号表紙

第2号のテーマは「学ぶ」です。
幼児教育と小学校教育の違いやその連続性を『学んで』、初めて効果的な保幼小連携の実践に取り組むことができます。

第2号 表紙(PDF形式:601 KB)

第2号 1,2ページ(PDF形式:1.20 MB)

第2号 3~6ページ(PDF形式:2.46 MB)

第2号 裏表紙(PDF形式:628 KB)

「つながる」 3号 〈出会う〉

つながる3号表紙

第3号のテーマは「出会う」です。
各施設が実際に『出会って』、取り組んでいる交流事例を具体的に紹介しています。

第3号 表紙(PDF形式:717KB)

第3号 1ページ(PDF形式:728KBMB)

第3号 2~6ページ(PDF形式:3.67MB)

第3号 表紙(PDF形式:743KB)

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

子ども家庭局幼稚園・こども園課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2550 FAX:093-582-0070

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。