ページトップ
ページ本文

貫川

更新日 : 2019年3月19日

都市基盤河川改修事業

二級河川貫川水系

貫川

貫川は、小倉南区の貫山に源を発し、曽根平野のほぼ中央部を流れて周防灘に注ぐ河川です。流域は市内でも優良な穀倉地帯ですが、交通の便、生活環境ともに良好であるため本市のベッドタウンとして市街化が進んでいます。
このため昭和48年度から都市基盤河川改修事業に着手しており、河床掘削を残して、護岸整備が完了しています。特に、ショートカット部の旧河川敷地を利用した「多自然川づくり」も実践しています。


上曽根二丁目(上曽根下の橋付近)

下貫二丁目(下貫なかの橋付近)
改修計画概要
流路延長 4,380m
流域面積 10.3平方キロメートル
計画規模 1/50
改修事業量 延長L=4,130m

このページの作成者

建設局河川部水環境課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2491 FAX:093-561-5758

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。