ページトップ
ページ本文

バリアフリー及びユニバーサルデザイン

更新日 : 2020年2月28日

本市では、「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律(バリアフリー新法)」、「福岡県福祉のまちづくり条例」等に基づき、建物内外でバリアフリーの仕様を取り入れています。
また、「官庁施設のユニバーサルデザインに関する基準」に基づき、原則全ての建築物を対象に、ユニバーサルデザインの考え方を導入した設計に取り組んでいます。

・バリアフリーとは

 生活環境(住宅、地域施設、交通施設)において、普通に生活することを阻んでいる障壁(バリア)をなくすことです。

・ユニバーサルデザインとは

 健常者、高齢者、障害者の区別なしに、すべての人にとって使いやすいように製品、建物、環境などをデザインすることです。 安全性や利便性等にも十分配慮し、障害者、高齢者、子供、妊婦、乳母車を押す人などすべての人々に使いやすい設計として、ユニバーサル・デザイン(普遍的デザイン)の考え方も重視されています。

(例)玄関等の自動ドア化、誰もが利用できる多機能トイレの設置 等

小倉北区役所東側出入口の画像
小倉北区役所エントランス(出入口)
小倉北区役所多目的トイレの画像
小倉北区役所多目的トイレ

景観形成への配慮

 市有建築物の整備に当たっては、本市の「景観アドバイザー制度」を活用し、周辺環境と調和のとれた設計やデザインの検討を行うなど、景観に配慮した美しい街づくりに取り組んでいます。

このページの作成者

建築都市局建築部建築課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2576 FAX:093-582-2990

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。