ページトップ
ページ本文

西折尾地区の事業概要

更新日 : 2019年3月14日

西折尾地区住環境整備事業

 西折尾地区は、折尾駅の南西部に位置する起伏の多い丘陵地であり、地区内の生活道路は狭あいかつ急勾配でした。このため、緊急車両等の進入が困難な上、住宅の建替えも進まず老朽住宅が密集するなど、防災上・居住環境上の問題を抱えていました。
 このような状況の中で、本事業地区は、折尾駅周辺の再開発を目的とした「折尾まちづくり構想」において、「居住環境改善ゾーン」に位置づけられ、住民が主体となって決めたまちづくりのルール(地区計画)により良好な居住環境を創出することを目指しました。
 「全面修復型」の整備手法により、地区全体にわたって老朽住宅等を除却し、あわせて道路、公園、コミュニティ住宅等公共施設の総合的な整備を行い、平成23年度で事業が完了しました。

整備計画図

西折尾整備計画図

地区の現状(事業計画時)

場所 八幡西区西折尾町2番~15番及び堀川町12番
地区面積 9.33ヘクタール
住宅戸数 322戸 (老朽住宅:297戸 その他住宅:25戸)

事業期間及び総事業費

事業期間 平成6年度~23年度(完了)
総事業費 約106億円

事業内容

項目 内容
除却戸数 292戸(老朽住宅282戸、その他住宅10戸)
存置戸数 30戸
賃貸コミュニティ住宅建設戸数  93戸
戸建住宅分譲用地 75区画
一般分譲集合住宅等用地 1区画
集会所 1ヶ所
公共施設整備 道路整備16路線、公園・緑地整備4ヶ所、上水道・下水道整備

事業効果(指標)

指標 事業着手時 事業完了時
不燃領域率 ※1 12.2% 60.7%
未接道・接道不良住宅率 ※2 73.0% 0%

※1 不燃領域率

 区域内における公園・道路などのオープンスペースや燃えにくい建物が区域全体に占める割合で、まちの燃えにくさを表す指標です。40%以上の水準に達すると区域の焼失率は急激に低下し、防災性が大きく向上します。国が重点密集市街地として位置づけている地区においても、不燃領域率を40%以上確保することが目標とされています。

※2 未接道・接道不良住宅率

 幅員4m以上の道路に適切に接していない住宅の戸数比率。

このページの作成者

建築都市局住宅部住宅整備課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2548 FAX:093-582-2694

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。