ページトップ
ページ本文

住宅市街地総合整備事業とは?

更新日 : 2019年3月22日

住宅市街地総合整備事業(拠点開発型)とは・・・

 住宅市街地総合整備事業は、既成市街地において、快適な居住環境の創出、都市機能の更新、美しい市街地環境の形成及び街なか居住の推進等を図るため、良質な市街地住宅の建設、道路や公園などの公共施設の整備等を総合的に行う事業です。

 事業の実施にあたっては、北九州市、都市再生機構、地方住宅供給公社及び民間事業者等が役割分担をして、質の高い住宅の建設を行うとともに、北九州市が中心になって必要な公共施設の整備を行います。

事業実施地区

 本市では、企救丘地区、大里西地区、穴生地区、久岐の浜地区、天神町地区、小嶺地区、白銀地区、戸畑地区、篠崎地区、大里本町地区の10地区で事業が完了しています。
 現在、八幡高見地区、城野駅北地区で事業を実施しています。

このページの作成者

建築都市局都市再生推進部まちなか再生支援課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2454 FAX:093-582-2694

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。