ページトップ
ページ本文

コスト縮減

更新日 : 2017年2月13日

電気設備課では、発注する工事において、建設コスト及び維持管理コストの縮減に取り組んでいます。

1.設計の標準化の推進

各施設ごとに設計の標準化を推進し、設計コストの縮減に取り組んでいます。

2.汎用品の採用

照明柱、引込盤など汎用品が使用可能な機材は、汎用品の採用を推進しています。

3.LED照明器具の採用

LED照明器具の採用による維持コストの低減を図っています。

4.エレベーターを一般用から小型、機械室レスへ変更。

エレベーターの計画見直しによる小型エレベーターの採用や、機械室レスエレベーターとしてコスト縮減を図っています。

5.高圧受電から低圧受電へ受電方式の変更を行う。

低圧受電に変更できる施設では、高圧盤等が不要となり維持コストの縮減を図っています。

6.既設施設の有効利用

既存施設の改修工事等では、引き続き利用が可能な部分についてはそのまま利用し、コスト縮減を図っています。

このページの作成者

建築都市局建築部電気設備課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2567 FAX:093-582-2990

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。